宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


過敏性腸症候群

 
過敏性胃腸症候群とはストレスや過労などによって、腸が過敏になり、下痢、便秘、腹痛をおこす病気です。一般成人における有病率は5〜20%であり、大腸疾患の中では最も頻度が高いです。会議前やテスト中に下痢、腹痛に対する不安がありませんか、また通勤途中にトイレを探す経験はありませんか。有病率が高いのに我慢して、受診しない患者様も多い様です。最近、色々新薬が開発され、発売されましたので、我慢せずに気軽に相談にいらっしゃって下さい。

Copyright(C) 2017 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。