宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


院内設備

  デジタルレントゲン撮影

環境に優しい最先端のレントゲン撮影技術を導入し、定着液や現像液を必要としません。胸部、腹部、骨などの一般撮影はもとより、CD−ROMに作成し、各医療機関への紹介にも使用出来ます。


  検査センターインターネット回線

インターネット回線を通し、検査センターと当院を結んでいます。患者様の初診時からの検査データを大事に保存出来ます。また、ディスプレィを通じて、受診時の結果説明や他院紹介時の情報提供に役立っています。


  胃内視鏡、大腸内視鏡

オリンパス製電子内視鏡LUSELAシステムを用いて、胃癌、大腸癌をより早期に診断し、また、大腸ポリープに対し経内視鏡的ポリープ切除術も出来ます。


  内視鏡自動洗浄機

IHI社製内視鏡自動洗浄機を用いて、検査症例ごとに丹念に自動洗浄消毒し、感染予防に努めています。


  ピロリ菌検査機器(UBIT)

非侵襲的で、なおかつ正確性がもっとも高いと言われている呼吸検査法を茨城県内で一早く導入し、潰瘍再発の撲滅や胃癌発生の抑制に役立つ事が期待されています。この機器により検査結果は検査同日に迅速に分かりますので、治療方針の決定役立っています。


  腹部・心臓超音波

肝臓や胆のう、膵臓、腎臓などの良性疾患や悪性疾患を非侵襲的な方法で検査出来ます。また、心機能の簡単な評価も出来ます。


  心電図・24時間ホルダー心電図
心臓の虚血性変化や不整脈の検査に役立ちます。

  呼吸機能テスト
簡単な肺機能を把握出来、ぜんそくや肺気腫の診断に役立ちます。

  感染症迅速テスト
インフルエンザや溶連菌感染症、アデノウイルス感染症などを15分程度で検査出来ます。

  感染症隔離室

一般の患者様と感染症の疑いがある患者様を最初から分離し、院内感染を最大限に防ぎます。(3つのブースあり、空気清浄機付)


Copyright(C) 2017 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。