宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  夏場の食中毒について
暑い日が続いていますね。
この暑さで増えるものといえば、細菌による食中毒があります。
細菌による食中毒には、カンピロバクターや、サルモネラ、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ、腸管出血性大腸菌(0157)があります。
症状として、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、発熱等があります。
食べ物に食中毒を招く細菌が増殖しても、食べ物の見た目や味は変わらず、匂いもしません。
そのため、食事の準備をする際は、細菌を「つけない」「増やさない」加熱等で「やっつける」ことが大切です。
予防としてでできることとして、以下のことがあります。
@食品の購入時
・生鮮食品は新鮮なものを、消費期限を確認し購入する
・肉や魚は汁がもれ、他の食品につかないようビニール袋に入れる
・肉や魚などは最後にかごにいれ、持ち帰り時も氷を入れるなど温度管理に注意する
A家庭での保存
・帰宅後は冷蔵・冷凍食品はすぐ冷蔵・冷凍庫へしまう
・肉や魚などは、汁が他の食品につかないよう、袋に入れたまま保存する
B下準備・調理
・作業の前には手洗いを行う(タオルは清潔なものを使用する)
・肉・魚・卵を取り扱う前後はしっかり手洗いをする
・肉・魚・卵に使用した調理器具は、よく洗い、熱湯をかけるなど消毒してから他の食材に使用する
・野菜は流水でよく洗う
・解凍は室温でせず、電子レンジや冷蔵庫で行う(解凍後はすぐ調理を!解凍後、再冷凍しない)
・肉や魚は中までしっかり火を通す
C食事
・食べる前には手洗いを
・料理は長時間室温で放置せずすぐ食べる
D後片付け
・残った食品は清潔な容器に保存し、食べる際には再加熱する(ちょっとでも怪しいと思ったものは破棄する)
・調理に使ったまな板、包丁、ふきんはよく洗い、消毒する
☆調理済み食品についても、長時間室温で保存することは避け、なるべく再加熱し、購入後すぐ食べるようにしましょう。

家庭での食中毒は症状が軽かったり、発症する人数が少ないことから、食中毒と気づかず重症化することがあります。食中毒を予防するとともに、おなかが痛い、下痢をする等の症状が出た場合は、早めに受診しましょう。


(平成29年8月7日)

123456789101112131415161718

Copyright(C) 2017 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。