宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  健康診断で血圧が高いといわれたら
皆さん、健診は毎年受けていらっしゃいますか?血圧はほとんどの方が測ると思いますが、血圧が高めですね、と言われたことはないですか?
血圧は運動や精神面、食事、気温などさまざまな影響を受けやすく、常に変動しています。1度だけでなく自宅でも時間を決めて測ってみましょう。

血圧は座った状態で測ります。この際、数分間の安静ののち、大きく何回か深呼吸をしてから測定するようにしてください。
これで血圧が135/85mmhg以上の場合は高血圧の可能性が高いです。

また、生活習慣を改めることで高血圧を改善することにつながります。
(1)食塩は1日10g未満、できれば6g未満を目標に
食塩の摂りすぎは高血圧の大きな原因になります。
(2)食べ過ぎを避け、肥満を防ぐ
(3)禁煙をする、アルコールは控えめに
(4)ストレスをためないような生活を
(5)軽い運動で肥満予防、ストレス予防

減塩生活を心がけるようにすることで循環血液量の増加が抑えられ血圧の上昇を防ぐことができます。摂取量を減らす工夫を始めましょう。

【食塩1gを含む調味料の量】
濃口しょうゆ7g(小さじ1強)
薄口しょうゆ6g(小さじ1)
ウスターソース12g
※普通のラーメン1杯で6g前後の食塩が含まれています!普段からの食生活の見直しが大切ですね。

しかし、高血圧が長い間持続すると全身の動脈硬化が進行し、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患、心筋梗塞、狭心症や心不全などの心臓病、腎硬化症や尿毒症などの腎臓病、頸動脈狭窄や下肢閉塞性動脈硬化症、高血圧性網膜症などの眼の病気を引き起こす原因となります。高血圧をそのまま放置することなく専門医と相談することが大切です。


(平成30年8月31日)

  救急処置について
9月9日は「救急の日」である事をご存じですか?
「救急の日」は、9(きゅー)月9(きゅー)日の語呂合わせから、昭和57年に厚生労働省によって定められました。この「救急の日」をきっかけに皆さんに救急に対する関心や理解を深めていただくことを目的としています。

皆さん、目の前で人が倒れたらどうしますか?突然のことにびっくりしてどうしたらよいかわからなくなりますよね。救命率は、心停止から1分毎に約10%下がると言われています。そのため、心臓が突然止まってしまった場合、救急車が来るまでに心臓マッサージとAEDを行うことは救命や社会復帰に多きく影響します。自動車免許を取る際、心臓マッサージやAEDの講習がありますが、長い間使わずにいると忘れてしまいますよね。今回は、倒れている人、特に心臓や呼吸が止まってしまった人がいた時、どうすればよいか復習したいと思います。

〈倒れている人を発見したら〉
@まず、倒れている場所の安全を確保します。そして、反応の確認をします。肩を叩き大声で「大丈夫ですか?」などと声をかけます。応答やしぐさがなければ「反応なし」です。
A応援を呼びます。「誰かきてください。」応援に来てくれた人に、救急車とAEDを依頼します。「119番通報をしてください」「AEDを持って来てください」
B呼吸の確認をします。胸と腹部の動きを見ます。10秒以内で行います。
C呼吸がない、又は、普通ではない呼吸(しゃくりあげるようなとぎれとぎれの呼吸など)の時は心停止とみなし、心臓マッサージを行います。よくわからない時も心臓マッサージを開始します。
D心臓マッサージを、強く(胸が5p沈む強さ)、速く(100〜120回/分)、絶え間なく(中断は最小限)行います。人工呼吸は、訓練を受けていて、行なう技術と意思がある場合のみ、心臓マッサージ30回に対し2回行います。
EAEDが到着したら電源を入れ、音声の指示に従って操作します。胸に装着している間もできるだけ心臓マッサージは中断しないようにします。AEDから電気ショックの指示が出たらショックを行い、終了後「ただちに胸骨圧迫を開始してください」とメッセージが流れましたら、すぐに心臓マッサージを再開します。電気ショックが必要無かった場合も心臓マッサージを続けます。2分経過後、再度心電図の解析が始まり、必要であれば再度ショックが行われます。
どちらの場合も、救急隊が到着するまで、又は倒れている人の呼吸が普通に戻って呼びかけに反応するようになるまで続けます。

当院でも、救急の日にあわせ、毎年9月にスタッフ全員で救命について復習しています。
一般の方に向けては、救命講習会が消防署で定期的に開催されています。いざという時に行動できるように、参加してみるのもいいかもしれませんね。


(平成30年9月13日)

12345678910111213141516171819

Copyright(C) 2018 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。