宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  逆流性食道炎についてご存知ですか?
近年、食事の欧米化が進み、肥満の方が増え、それに伴い逆流性食道炎の患者さんが増加しています。
逆流性食道炎とは、食道が炎症を起こし、びらん(粘膜がただれること)や潰瘍(粘膜の一部がなくなること)ができてしまう病気です。

<逆流性食道炎の原因は?>
○脂肪の多い食事、食べすぎ……食道の筋肉がゆるんでしまう
○タンパク質の多い食事……消化に時間がかかり、胃液の逆流が起きやすい
○加齢……食道の筋肉の働き・ぜんどう運動が悪くなってしまう、唾液の量が少なくなる
○背中がまがった人……おなかが圧迫され、胃に圧がかかってしまう
○肥満……食道裂孔ヘルニアになりやすい、おなかに圧がかかりやすい
これらにより、食道を逆流から守る仕組みが弱まったり、胃酸が増えすぎてしまい、逆流性食道炎を引き起こします。

<どんな症状が出るの?>
○胸やけ……じりじり、いがいが、胸が熱い・重い
○どん酸……すっぱい液が口まで上がってきてゲップが出る
○咳・喘息……逆流した胃液が、のどや気管支を刺激し、しつこい咳が出る
○のどの違和感・声がれ……逆流した胃液でのどに炎症が起き、違和感や痛みを生じる

<どんな治療をするの?>
逆流性食道炎の治療でまず大切なのは、逆流性食道炎を起こさせないよう生活習慣を改善していくことです。
○食事に気をつける
胸やけを起こしやすい、あぶらっこいもの、刺激のあるもの、甘いものはなるべく避けましょう。
また、アルコール・タバコもできるだけ控えましょう。
○おなかを圧迫しないようにする
食後すぐに横にならない、おなかを締めつけない、肥満・便秘にならないようにしましょう。
眠るときは上半身を少し起こすようにしましょう。

逆流性食道炎は、生活習慣の改善だけでは完全に治すことは難しいです。そのため、胃酸の分泌を抑える薬も併せて服用します。
症状がなくなってもびらんや潰瘍はすぐには良くならないため、しばらくはお薬の服用を続ける必要があります。
また、服薬をやめると症状が再び出てきてしまう方には、薬を長期間のんでいただく場合もあります。

逆流性食道炎を治療することは、食道の粘膜が胃の粘膜に変性するバレット食道や食道がんなどの合併症の予防にもつながると考えられています。
症状がなくなったからといって自分の判断で治療を中止しないで、医師の指示を守って治療していきましょう。

(平成28年5月26日)

  潰瘍性大腸炎についてご存知ですか
皆さんは潰瘍性大腸炎という疾患を耳にしたことはありますか。
以前はとてもめずらしい病気で患者さんの数もごくわすかでした。しかし、その患者数は年々増加し、平成26年には18万人を超えています。
潰瘍性大腸炎とは、何らかの原因により大腸の粘膜に炎症が起こり、びらん(ただれ)や潰瘍ができる病気です。

≪主な症状≫
○下痢(軟便や排便回数の増加)
○粘血便(血液、粘液、膿の混じった軟便)
○腹痛・発熱・体重減少・貧血(重症化した場合)
などです。
病状は、おさまったり悪化したりを繰り返すことが多く、長期にわたってこの病気とつきあっていく必要があります。

≪発症の原因≫
この病気の原因は明らかになっていません。最近の有力な説としては、外敵から身を守る免疫機能に異常が起こり、自分自身の大腸の粘膜をも敵とみなし、攻撃して傷つけようとしてしまう事により、炎症が起きるとされています。
ただ、この免疫説も決定的なものではなく、炎症が起こる仕組みとしては有力な説ですが、なぜ免疫機能の異常が起こるのか、潰瘍性大腸炎の発症のメカニズムは解明されていません。

発症年齢のピークは男性で20〜24歳、女性では25〜29歳ですが、若年者から高齢者まで発症します。男女比は1:1で性別に差はありません。

≪治療について≫
原則的には薬による治療が行われますが、重症の場合や薬が効かない場合には手術が必要になります。
薬による治療には
○下痢や粘血便などの症状の悪化を緩和するための治療
○炎症が落ち着いている状態を長く維持するための治療
に分けられます。
また、血液中から異常に活性化した白血球を取り除くという治療法もあります。

潰瘍性大腸炎は、治療により多くの患者さんは症状の改善や消失がみられますが、再発する場合も多く、症状の消失した状態を維持するために継続的な内科治療が必要になります。また、発病して7〜8年経過すると、大腸がんを合併する患者さんが出てきますので、症状がなくても定期的な内視鏡検査が必要になります。

(平成28年8月25日)

  麻疹(はしか)について
麻疹(はしか)とは麻疹ウイルスによっておこる、感染力がきわめて高く、命にかかわる合併症を引き起こすこともある病気です。
欧米などに続き、日本も平成27年3月に世界保健機関(WHO)から「麻疹絶滅国」に認定されました。
しかし先日、外国から麻疹ウイルスが持ち込まれたことによる、日本での感染が発生しました。
以前から耳にすることの多い病名でしたが、実際どんな病気かご存知でしょうか。
この機会に一緒に勉強しましょう。

《症状について》
ウイルスに感染してからの潜伏期間は10〜12日です。
まず、38℃前後の発熱、鼻水、咳などのかぜと似た症状が出ます。また、目の充血や目やになどの結膜炎の症状もあらわれます。発熱は2〜3日間続き、この期間が感染力がいちばん強くなります。
その後、熱は37℃台に下がります。
しかし、すぐにまた上がり始め、39℃〜40℃の高熱と、皮膚に発疹があらわれます。
発疹があらわれる前後1、2日間に、口の中に白い小水疱がみられます。これはコプリック斑といい、はしかだけにみられる特徴的な症状です。
高熱は4〜5日間続き、発疹は顔や体、手足と全身に広がります。ふつうは、症状が出始めて7日目頃がいちばん症状が重い時期となり、その後回復に向います。
麻疹ウイルスそのもの対する薬はないため、治療については症状にあわせた対症療法を行います。


《合併症について》
はしかは肺炎や中耳炎を合併することが多く、麻疹の症状が落ち着いてからも、熱が下がらなかったり、激しい咳などの症状がおさまらない場合、合併症が疑われます。
また、1000人に1人程の割合でウイルス性脳炎を合併することもあります。
さらに、10万人に1人程の割合で、麻疹にかかった6〜7年後に、亜急性硬化性全脳炎という合併症を発症することがあります。知能障害、運動障害、意識障害などの症状があらわれますが、現在のところ根本的な治療法はありません。


《麻疹(はしか)を予防するには》
はしかは、ワクチンを接種して発症そのものを予防することが最も重要です。ワクチンを接種しておくことにより、もし感染しまっても重症化を防ぐことができます。
接種時期は、お子さんの定期接種の場合、
・1歳になったら
・年長さんになったら
それぞれ1回ずつ、合計2回の接種が必要になります。
大人でも感染するため、保護者の方がワクチンをうけていないときには接種をおすすめします。

(平成28年9月27日)

  ご存知ですか?機能性ディスペプシア
みなさんは機能性ディスペプシアという病名を聞いたことはありますか。
胃もたれやみぞおちの痛みなどのつらい症状を繰り返すのに、内視鏡検査や腹部超音波検査を行っても胃の異常は見つからない。こんなときは「機能性ディスペプシア」という病気を疑ったほうがいいかもしれません。
以前は慢性胃炎や神経性胃炎などと診断されることが多かったのですが、実際には胃に炎症などは起こっていないことから、近年このような症状を「機能性ディスペプシア」と呼ぶようになりました。

主な症状
@ つらいと感じる食後のもたれ感
A 食事開始後すぐに胃がいっぱいになるように感じ、それ以上食べられなくなってしまう
B みぞおちの痛み
C みぞおちの焼ける感じ
機能性ディスペプシアは@とAの症状がよくおこるタイプと、BとCの症状がよくおこるタイプの2つに分けられます。
ただし、両方のタイプの症状が重なって起こったり、日によって感じる症状が変わったりすることもあり、どちらのタイプであるかはっきり分けられない場合も多くあります。また、時間の経過とともに症状が変化することも珍しくありません。

機能性ディスペプシアの原因は以下のものが考えられます。
・食べ物が胃に入っても胃が十分にふくらまない
・胃酸の過剰な分泌
・ピロリ菌感染による胃粘膜の炎症
・胃の知覚過敏(刺激に対して痛みを感じやすくなっている)
・脂肪分の多い食事・アルコールの過剰摂取
・不規則な生活やストレスなどの心理的要因

機能性ディスペプシアの治療について、まずは、機能性ディスペプシアと似た症状は胃がんや胃潰瘍などでもみられることがあるため、内視鏡検査や腹部超音波検査などを行い、原因となる病気がないかを調べることが大切です。
治療では、
・食生活を見直す
・ストレスをためず、規則正しい生活をおくる
・必要に応じてピロリ菌の除菌治療を行う
・胃の症状に応じて薬の服用をする
などを行います。

(平成28年11月28日)

  大腸憩室炎について
みなさんは大腸憩室炎という病名を聞いたことはありますか。
憩室とは、大腸の壁の一部がそとへ袋状に飛び出しているものです。そこへ便などがつまったりして炎症を起こすことを大腸憩室炎といいます。
以前は日本人にはあまりみられませんでしたが、食事の欧米化による食物繊維の摂取量の減少などにより、近年増加しています。

≪症状≫
憩室は、上行結腸とよばれる腹部の右側、S状結腸と呼ばれる腹部の左下腹部にできやすいと言われています。
大腸憩室炎を発症すると、その部位に強い腹痛が起こり、下痢や発熱、血便などの症状が起こります。また、炎症がさらに進行すると、憩室に穴があいて腹膜炎を起こしたり、狭窄による腸閉塞などを生じることがまれにあります。

≪診断≫
患者さんに憩室がすでにあると分かっている場合は、ほぼ症状のみから憩室炎が診断できます。しかし、憩室炎とよく似た症状を起こすものも多くあり、特に腹部の右側に起こる憩室炎は虫垂炎とよく似ているため、腹部超音波やCT検査を行う必要があります。
憩室の有無を確認するためは大腸内視鏡検査が必要となります。

≪治療≫
憩室自体は、症状がなければ特に治療を行う必要はありません。
軽症の憩室炎は、消化の良い食事をとり、抗生物質の服用または点滴を行います。症状に応じては入院し絶食することもあります。
腹膜炎や狭窄などを起こしている場合は外科的治療が必要になります。


憩室ががんになることはありませんが、憩室がある方は、大腸ポリープや大腸がんが多いと言われています。大腸がんの患者さんは年々増加傾向にあります。これは、憩室炎と同じく食事の欧米化に伴う食物繊維の摂取量の減少が、原因のひとつとされています。
ふだんから食事のバランスに気をつける、定期的にがん検診を受けるなど、腸の健康を守っていきましょう。

(平成28年12月26日)

12345678910111213141516171819

Copyright(C) 2020 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。