宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  がんから命を守る内視鏡検査(その2)
(その2)では内視鏡検査で分かる病気と検査を受けるタイミングについて説明致します。

< 内視鏡検査で分かる病気 >
内視鏡検査では、悪性腫瘍を見落とさないことが最優先ですが、胃カメラ検査では胃がんや食道がん以外にも、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎、近年日本人に増えている逆流性食道炎などの病変を発見することができます。
大腸内視鏡検査では、大腸がんだけでなく、クローン病や潰瘍性大腸炎のような炎症性腸疾患がみつかったり、痔の様態を確認することができます。
疾患によっては自覚症状がないまま進行するものや、自覚症状だけで診断するのが難しい病気もありますので、内視鏡検査で体の内部を観察して異常がないか調べることは、様々な病気から体を守る上で重要です。


< 内視鏡検査を受けるタイミング >
胃カメラでしたら、胃痛などの症状が続いている場合は、医療機関を受診して、検査を受けてみましょう。中には、とりあえず薬を飲んでみて様子をみるといった方もいらっしゃいますが、症状の原因はわからないままであり、薬を飲んでいても症状が良くならないという場合もあります。その時は、思いきって検査を受けてみることをお勧めします。また症状がない場合でも、ピロリ菌感染のある方、胃粘膜萎縮がある方は胃がんの発生リスクが高くなりますので、年に一回は内視鏡検査を受けましょう。
大腸では、便通異常や血便などの症状がみられたら、すぐに医療機関を受診し、医師にご相談されることをお勧めします。大腸がんは、早期に発見できれば、そのほとんどが内視鏡的に、または外科的に根治可能な病気です。早期大腸がんの5年生存率は、80%以上と極めてよく、進行がんでもがんの浸潤の程度とリンパ節転移の程度により予後が変わってきます。また、大腸がんは肝臓にもっとも転移しやすいのですが、肝臓転移が見つかっても、肝臓を手術したり抗がん薬を用いたりして長期に生存することも可能なのです。
遺伝的な影響もあるとも言われている大腸がん。ご家族で大腸がんになられた方がいる場合や、過去に治療を受けたことのある方、ポリープが見つかったことのある方は、定期的に検査を受けましょう。


会社の健康診断以外にも、市で行っている健診などでがん検診を受ける機会はあっても、まだまだ受診する方が少ないのが現状です。また、特に自覚症状はないが、がん検診には興味があるという方の中にも、内視鏡検査に苦手意識がある方もいらっしゃると思います。
しかしそういった方でも、胃ではABC検診(胃がんリスク検診ともいわれ血液検査を行う)、大腸では便潜血検査(検便で血が混ざってないか調べる)など、簡単にできるがん検診もあります。もし、それで陽性(がんの疑いあり)の結果が出た場合に、精密検査を受けることを考えてもいいのです。
当院でも、特定健診やがん検診、もちろん胃カメラ検査や大腸内視鏡検査も受けられますので、お気軽にお問い合わせください。
40歳を過ぎて高齢になるほど、がんにかかる率は高まります。ぜひ、年に一度は健康診断やがん検診を受け、ご自身の健康状態を確認しましょう。

(平成27年2月16日)

  生活習慣病のひとつ、脂質異常症を知ろう
<脂質異常症とは>
脂質異常症とは、血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪が多過ぎる病気のことです。
脂質異常症には、
(1) LDLコレスレロールが多いタイプ(高LDLコレステロール血症)
(2) HDLコレステロールが低いタイプ(低HDLコレステロール血症)
(3) トリグリセライド(中性脂肪)が多いタイプ(高トリグリセライド血症)
の3つのタイプがあります。

<脂質異常症は動脈硬化の大きな危険因子>
狭心症や心筋梗塞などを含めた心臓病と、脳出血や脳梗塞などの脳卒中が、常に日本人の死因の上位を占めていることをご存知でしょうか。これらはどちらも、動脈硬化が原因となって起こる血管の病気です。
動脈硬化というのは、心臓からからだの各部分へ血液を運ぶ動脈が硬くなることです。動脈の内側の壁にコレステロールがたまって血管が盛りあがって狭くなり、それとともに血管が硬くもろくなってしまい、血液が流れにくくなったり、血管に血栓(血管の成分や血管壁がはがれたものなど)がつまりやすくなることが問題なのです。

<脂質異常症を防ぐために、まずは食事のコントロールを>
脂質異常症は、遺伝子異常や他の病気に伴って現れるものもありますが、過食、高脂肪食、運動不足などの悪い生活習慣や、それによる肥満が原因で発生します。つまり、食事にからんだ要因がいちばん多いのです。脂質異常症を防ぐにはまず、食事に心を配って食生活を適正に保つことが重要になります。
 脂質異常症を防ぐための食生活では、次の6項目が重要です。
(1) 偏らず「栄養バランスのよい食事」を。
(2) 摂取総エネルギー量を抑えて、適正な体重を保つ。
(3)飽和脂肪酸(おもに獣肉類の脂肪)1に対して不飽和脂肪酸(おもに植物性脂肪や魚の脂)を1.5〜2の割合でとる。
(4)ビタミンやミネラル、食物繊維もしっかりとる。
(5)高コレステロールの人は、コレステロールを多く含む食品を控える。
(6)中性脂肪が高い人は、砂糖や果物などの糖質と、お酒を減らす。
食品中のコレステロールというと、コレステロールを多く含む食品ばかりを気にしがちですが、体内のコレステロールを増やしやすい食品もあるので、それを避けることはもっと大切です。
血中のコレステロールを増やす食品には、脂肪の多い肉、バターやチーズなどの乳脂肪分とその加工品、チョコレート、ポテトチップス、即席麺などがあります。逆に体内のコレステロール値を下げる働きをする食品には大豆製品や青魚、野菜、海藻類、果物、オリーブ油や菜種油などの植物油があります。コレステロールを上げる食品は少量でも体内のコレステロールを増やしやすいので注意が必要ですし、下げる食品は積極的にとることをおすすめしますが、果物や油はとりすぎに注意してください。また、ポテトチップスは食品としては全くコレステロールを含んでおらず、チョコレートや即席麺に含まれるコレステロールもわずかですが、体内でコレステロールを増やす働きがあります。すでに高コレステロールといわれている人は、マヨネーズ、魚卵、レバー、イカやタコなどのコレステロールを多く含む食品も控えめにとるようにしましょう。

脂質異常症は、家族性コレステロール血症以外、初期には自覚症状がまったくありません。けれど、ほかの生活習慣病もそうであるように、早く見つけて早く対処することがとても重要です。
当院でも、採血にて検査をすることができますので、気になる方は医師にご相談ください。

(平成27年3月20日)

  中高年も要注意!鉄欠乏性貧血
一般に貧血は、若い女性によくみられる症状です。そのため、中高年の特に男性の場合には「自分は貧血とは無縁」と思い込んでいる人が多いのではないでしょうか。
例えば、なんとなくだるい、疲れやすいといった症状があると「年のせい」と考えがちですが、実は貧血の影響という可能性があります。中高年の場合には、若い女性とは違った原因で貧血を起こすことがあり、その背景には重大な病気が隠れていることもあるので注意が必要です。

<鉄欠乏性貧血とは>
貧血の80〜90%を占めるのが、鉄欠乏性貧血です。
鉄欠乏性貧血とは、その名の通り、血液中の鉄分が不足して起こる貧血のことです。
血液の成分のうち、赤血球にあるヘモグロビンは酸素をからだの隅々まで運ぶ働きをしています。このヘモグロビンができるときに鉄を必要とします。
なんらかの原因で体内の鉄分が不足すると、ヘモグロビンの合成がうまくいかなくなり、赤血球のヘモグロビンが減り、また、赤血球そのものが小さくなってしまいます。その結果、体内への酸素供給量が減り、だるい、疲れやすいといった症状が起こるようになるのです。人によっては動悸や息切れ、頭が重く感じる、胸が痛むなどの症状が出る場合もあります。
こうした症状は一気に出るのではなく、少しずつ進みます。それは鉄分の不足による貧血が非常にゆっくりと進行するからです。そのため、「年のせい」と思いやすいのです。

<気付きにくい潰瘍による出血>
鉄欠乏性貧血には、次のような原因があります。
(1) 鉄分摂取量の不足
偏食や不規則な食事、外食過多、無理なダイエットなどが原因で、鉄分が不足するケース。
(2) 鉄分の必要量の増加
妊娠中や授乳期に鉄分の必要量が増え、それにみあう供給がないケース。
(3) 出血による鉄分の不足
痔、子宮筋腫、子宮内膜症、消化性潰瘍、がんなどによって出血がおこっているケース。

このうち、中高年が注意したいのが、(3)のケースです。
痔の場合には、便に血液が付着して、血便と間違えることがあります。子宮筋腫などの場合には、不正出血があって気付くこともあります。
ところが、消化器官(食道、胃、十二指腸、大腸など)での出血は、少量ずつだとなかなか気付きません。胃や十二指腸などにできた消化性潰瘍は、軽いうちなら自然に治ってしまうこともありますが、悪化すると出血をおこします。出血を何度もくり返すうちに、血液中のヘモグロビンが減少し、慢性的な貧血状態となり、だるさや疲れやすさなどの症状がみられるようになります。
消化性潰瘍の場合、出血量が多いと便が黒くなったり、強いストレスなどで出血量が増えると、タール状のねばねばした便になることもあります。さらに、大量の出血があった場合には、生命にかかわることもあるので、便に異常がみられたり、立ちくらみが続く段階で早めに検査をうけるようにしましょう。
また、鉄欠乏性貧血が消化器のがん(胃がんや大腸がんなど)と関係していることもあります。「年のせい」と決めつけず、貧血症状がおさまらないときは、便の潜血反応検査や内視鏡などによる検査をきちんと受けておくほうが安心です。

(平成27年4月17日)

  高尿酸血症と言われたら
高尿酸血症とは、血液中に尿酸が多くなった状態をいいます。
尿酸のもとは、プリン体という物質です。プリン体から作られた尿酸は、その大部分が腎臓から尿に溶けて体外に排出されますが、尿酸の産出と排泄のバランスが崩れると、体内の尿酸が増えすぎて高尿酸血症になります。
尿酸塩(尿酸の結晶)が関節などにたまると、激しい痛みを伴う炎症発作、いわゆる「痛風」発作を起こすことがあります。

<放っておくと…>
尿酸値が高い人は痛風だけでなく、
・脳血管障害
・腎障害
・心疾患
・尿路結石
・痛風結石
など、さまざまな病気を合併するとみられています。

<治療のポイント>
高尿酸血症の治療は、食事や運動などライフスタイルの改善が基本となります。
(1)バランスの良い食事を心がけましょう
・主食…ごはん、パン、麺類は毎食適量を。夜遅くになってしまう場合はひかえめに。
・主菜…魚介類、肉類、卵、大豆製品をメインにしたおかずは1品に。
・副菜…野菜、海藻、きのこ、芋、豆類がメインのおかずは毎食2品以上そろえましょう。
・汁物…塩分のとりすぎを防ぐためにも、1日1杯を原則に。
・油脂類…揚げ物や、炒めもの、マヨネーズを使ったサラダ、パンに塗るバターなどはすべて油を使った料理です。毎食1品までにしましょう。
・間食…お菓子類よりも、果実や乳製品など、日頃とっていないものを。
(2)水分を十分にとりましょう
水分をしっかり取って尿量を増やし、尿と一緒に尿酸を排泄しましょう。
1日の尿量が2リットル以上になるようにしましょう。アルコールやジュース類は逆効果です。水やお茶を飲むようにしましょう。
(3)アルコール類は控えましょう
アルコールは尿酸の排泄を抑制してしまいます。
1日のアルコールの適量は、ビールなら1本(500ml)、日本酒なら1合です。週に1〜2回は飲まない日をつくりましょう。
(4)有酸素運動をし、体重を落としましょう
肥満を解消することで、血清尿酸値を下げることが期待できます。
ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動は、尿酸値を上昇させずに、肥満の解消だけでなく、高尿酸血症に合併しやすい高血圧、高脂血症、糖尿病などのメタボリックシンドロームの要素を改善させる効果があります。
ただし、激しい運動は逆に尿酸値を上昇させるので避けましょう。
(5)ストレスをうまく解消させましょう
高尿酸血症は、働き盛りの男性に多い病気です。精神的ストレスが尿酸値を上昇させると言われていますが、そのストレス発散法を飲酒や過食に頼ると、逆に尿酸値の上昇を招いてしまいます。自分なりの発散方法を見つけ、ストレスをため込まないようにすることが大切です。

(平成27年5月19日)

  B型肝炎ワクチンについてご存知ですか
(1)B型肝炎とは?
B型肝炎ウイルスは、全世界で、約3億5,000万人が感染していると言われ、そのうち日本では、約130〜150万人(およそ100人に1人)が感染していると推定されています。
B型肝炎ウイルスは、肝臓に感染して炎症(肝炎)を起こします。肝炎が持続すると慢性肝炎から肝硬変、さらには肝がん(肝細胞癌)へと進展する可能性があります。
日本のB型肝炎対策は、キャリア(ウイルスを体内に保有した状態)の母親からの感染(垂直感染)予防であり、母子感染防止策が1986年から始まりました。母子感染防止策では、生後12時間以内に抗HBs人免疫グロブリン(HBIG)を投与し、その後B型肝炎ワクチンを接種します。
しかし、近年、父子感染や感染経路不明で乳幼児がB型肝炎ウイルスに感染する例が増えており、さらに、日本のグローバル化に伴い、母子感染予防だけでは、B型肝炎の対策が不十分といえます。
B型肝炎は「だれでもかかる可能性のあるワクチンで防げる病気」であり、ワクチンによる予防が重要です。

(2)B型肝炎ワクチンは「肝臓がん」の予防ワクチン
B型肝炎ウイルスに感染すると、一部の人がキャリア(持続感染:ウイルスを体内に保有した状態)となり、キャリアのうち約10%の人は慢性肝炎を発症し、肝硬変、肝臓がんへと進行する危険性が高くなってしまいます。肝硬変になると3人に1人が肝臓がんを発症しています。
肝臓がんはがんの中でも死亡率が高く、がん全体の死亡者のうち男性で14.3%(第3位)、女性で8.6%(第4位)を占めています。
B型肝炎ワクチンは、キャリア化を防ぎ、将来、肝臓がんから赤ちゃんの命を守る「がん予防ワクチン」です。

(3)B型肝炎ワクチンの接種方法
全部で3回の接種が必要です。
1回目接種後、4週間以上の間隔をあけて2回目、1回目から20〜24週間後に3回目を接種するスケジュールが推奨されています。
早く、確実に免疫をつけるためにも、生後2か月になったら、ヒブや肺炎球菌、ロタウイルスワクチンと同時接種することをおすすめします。
なお、お母さんがHBVキャリアの場合には、赤ちゃんのB型肝炎ワクチンの接種スケジュールは異なります。


WHO(世界保健機関)は、1992年、世界中の子どもたちに対して、生まれたらすぐにこのワクチンを国の定期接種として接種するように指示しており、ほとんどの国で定期接種になっています。これは、ユニバーサルワクチネーションといい、母子感染(垂直感染)、父子などからの乳児期の水平感染、性交渉での成人の水平感染を予防し、感染源の撲滅や肝硬変や肝臓がんなどによる死亡をなくそうとしています。
肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、自覚症状がないまま病気が進行してしまいます。B型肝炎ウイルスに感染しただけでは、ほとんどは症状が現れません。このため、本人が感染に気付かずに、大切な家族やパートナーにうつしてしまうことがあります。実際に小さな子どもが感染したケースで、いつ、どこで感染したかがわからない例も少なくありません。
大切な赤ちゃんがB型肝炎ウイルスにかからないために。大切な人にうつさないためにも、ワクチンでの予防が大切です。


(平成27年6月17日)

123456789101112131415161718

Copyright(C) 2017 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。