宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  気胸についてご存知ですか
この頃、立て続けに2名の気胸の患者様が来院されました。一般外来の中、気胸はけっしてまれな疾患ではありませんので、気胸について勉強しましょう。

気胸とは、肺から空気がもれて、肺が小さくなってしまった状態のことをいいます。
肺から空気がもれてしまっても、肺には肋骨があるため、風船のように外側に膨らむことができません。そのため、肺が空気に押されて小さくなってしまうのです。

気胸には
○自然気胸
○怪我や事故の外傷による気胸
○女性の生理による気胸
があります。

ここでは自然気胸についてお話します。
自然気胸は、10代後半から30代の痩せ型で胸の薄い男性に多く発生するとされています。
怪我や事故にあったというような、明らかな理由もなく発生するので、自然気胸と呼ばれています。
肺気腫や肺がんなど、肺に何かの病気が原因となって起こることもありますが、これも明らかな理由もなく発生します。

自然気胸では、肺に穴が開いて一時的に空気がもれますが、多くはすぐに閉じてしまいます。もれた空気は、血液に溶け込み次第に消失します。
しかし穴がふさがらず、空気がもれ続けてしまうと
・胸の痛み
・呼吸困難
・咳
などの症状が現れます。まれに症状がないのに胸部レントゲンで発見されることがあります。
空気が大量にもれると、肺がしぼみ、さらに心臓を圧迫してショックになることがあります。

気胸の治療は症状の重さにより変わります。
気胸の程度が軽傷で、症状がなければ、定期的に胸部レントゲンの検査を行い経過観察をします。このときは、安静にして穴がふさがるのを待ちます。
しかし症状が重い場合は、入院をして治療をする必要があります。胸に管を入れ、肺の中にたまった空気を排出する処置を行います。

一度気胸になっても、その後一生気胸を起こさない方も多くいますが、気胸はしばしば再発を起こすことがあります。上記の治療は、気胸の根本的な治療ではないため、
□処置をしても空気のもれが止まらない場合
□気胸を再発した場合
□左右両側の気胸の場合
などでは、手術を行うこともあります。

(平成28年7月21日)

  潰瘍性大腸炎についてご存知ですか
皆さんは潰瘍性大腸炎という疾患を耳にしたことはありますか。
以前はとてもめずらしい病気で患者さんの数もごくわすかでした。しかし、その患者数は年々増加し、平成26年には18万人を超えています。
潰瘍性大腸炎とは、何らかの原因により大腸の粘膜に炎症が起こり、びらん(ただれ)や潰瘍ができる病気です。

≪主な症状≫
○下痢(軟便や排便回数の増加)
○粘血便(血液、粘液、膿の混じった軟便)
○腹痛・発熱・体重減少・貧血(重症化した場合)
などです。
病状は、おさまったり悪化したりを繰り返すことが多く、長期にわたってこの病気とつきあっていく必要があります。

≪発症の原因≫
この病気の原因は明らかになっていません。最近の有力な説としては、外敵から身を守る免疫機能に異常が起こり、自分自身の大腸の粘膜をも敵とみなし、攻撃して傷つけようとしてしまう事により、炎症が起きるとされています。
ただ、この免疫説も決定的なものではなく、炎症が起こる仕組みとしては有力な説ですが、なぜ免疫機能の異常が起こるのか、潰瘍性大腸炎の発症のメカニズムは解明されていません。

発症年齢のピークは男性で20〜24歳、女性では25〜29歳ですが、若年者から高齢者まで発症します。男女比は1:1で性別に差はありません。

≪治療について≫
原則的には薬による治療が行われますが、重症の場合や薬が効かない場合には手術が必要になります。
薬による治療には
○下痢や粘血便などの症状の悪化を緩和するための治療
○炎症が落ち着いている状態を長く維持するための治療
に分けられます。
また、血液中から異常に活性化した白血球を取り除くという治療法もあります。

潰瘍性大腸炎は、治療により多くの患者さんは症状の改善や消失がみられますが、再発する場合も多く、症状の消失した状態を維持するために継続的な内科治療が必要になります。また、発病して7〜8年経過すると、大腸がんを合併する患者さんが出てきますので、症状がなくても定期的な内視鏡検査が必要になります。

(平成28年8月25日)

  麻疹(はしか)について
麻疹(はしか)とは麻疹ウイルスによっておこる、感染力がきわめて高く、命にかかわる合併症を引き起こすこともある病気です。
欧米などに続き、日本も平成27年3月に世界保健機関(WHO)から「麻疹絶滅国」に認定されました。
しかし先日、外国から麻疹ウイルスが持ち込まれたことによる、日本での感染が発生しました。
以前から耳にすることの多い病名でしたが、実際どんな病気かご存知でしょうか。
この機会に一緒に勉強しましょう。

《症状について》
ウイルスに感染してからの潜伏期間は10〜12日です。
まず、38℃前後の発熱、鼻水、咳などのかぜと似た症状が出ます。また、目の充血や目やになどの結膜炎の症状もあらわれます。発熱は2〜3日間続き、この期間が感染力がいちばん強くなります。
その後、熱は37℃台に下がります。
しかし、すぐにまた上がり始め、39℃〜40℃の高熱と、皮膚に発疹があらわれます。
発疹があらわれる前後1、2日間に、口の中に白い小水疱がみられます。これはコプリック斑といい、はしかだけにみられる特徴的な症状です。
高熱は4〜5日間続き、発疹は顔や体、手足と全身に広がります。ふつうは、症状が出始めて7日目頃がいちばん症状が重い時期となり、その後回復に向います。
麻疹ウイルスそのもの対する薬はないため、治療については症状にあわせた対症療法を行います。


《合併症について》
はしかは肺炎や中耳炎を合併することが多く、麻疹の症状が落ち着いてからも、熱が下がらなかったり、激しい咳などの症状がおさまらない場合、合併症が疑われます。
また、1000人に1人程の割合でウイルス性脳炎を合併することもあります。
さらに、10万人に1人程の割合で、麻疹にかかった6〜7年後に、亜急性硬化性全脳炎という合併症を発症することがあります。知能障害、運動障害、意識障害などの症状があらわれますが、現在のところ根本的な治療法はありません。


《麻疹(はしか)を予防するには》
はしかは、ワクチンを接種して発症そのものを予防することが最も重要です。ワクチンを接種しておくことにより、もし感染しまっても重症化を防ぐことができます。
接種時期は、お子さんの定期接種の場合、
・1歳になったら
・年長さんになったら
それぞれ1回ずつ、合計2回の接種が必要になります。
大人でも感染するため、保護者の方がワクチンをうけていないときには接種をおすすめします。

(平成28年9月27日)

  B型肝炎の予防接種について
つくば市では、10月1日よりB型肝炎ワクチンの定期接種が始まりました。
B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスの感染によっておこる肝臓の病気です。
乳幼児がB型肝炎ウイルスに感染すると、すぐには肝炎を起こさなくても、ウイルスが肝臓に住み着いた状態になりやすく、大人になったときに肝硬変や肝がん、重度の肝炎を発症することがあります。
海外では、B型肝炎ウイルスから子どもたちを守るために、すべてのお子さんにB型肝炎ワクチンの接種を行っている国が多くなっています。つくば市を含め、日本においても10月1日より定期接種が開始されました。この機会を利用してぜひ予防接種をうけましょう。

1. 対象者
平成28年4月1日以降にお生まれで、1歳未満のお子さん
(1歳の誕生日の前日まで)

2. 接種回数
全部で3回の接種が必要になります。
接種間隔は以下の通りです。
1回目
 ↓   4週あける(27日以上)
2回目
 ↓   20〜24週あける(139日以上)
3回目

*標準的な接種期間は生後2ヶ月〜9ヶ月になるまでの間とされています。

○定期接種は10月1日から始まりましたが、それ以前にワクチンの接種を開始している場合でも、残りの回数は定期接種の対象となります。
○平成28年4月生まれのお子さんは定期接種として実施できる期間が短くなっていますので、お早めに接種することをおすすめします。

当院でも接種を行っております。
ご予約制となっておりますので、ご希望の方は受付にお問い合わせ下さい。

(平成28年10月21日)

  ご存知ですか?機能性ディスペプシア
みなさんは機能性ディスペプシアという病名を聞いたことはありますか。
胃もたれやみぞおちの痛みなどのつらい症状を繰り返すのに、内視鏡検査や腹部超音波検査を行っても胃の異常は見つからない。こんなときは「機能性ディスペプシア」という病気を疑ったほうがいいかもしれません。
以前は慢性胃炎や神経性胃炎などと診断されることが多かったのですが、実際には胃に炎症などは起こっていないことから、近年このような症状を「機能性ディスペプシア」と呼ぶようになりました。

主な症状
@ つらいと感じる食後のもたれ感
A 食事開始後すぐに胃がいっぱいになるように感じ、それ以上食べられなくなってしまう
B みぞおちの痛み
C みぞおちの焼ける感じ
機能性ディスペプシアは@とAの症状がよくおこるタイプと、BとCの症状がよくおこるタイプの2つに分けられます。
ただし、両方のタイプの症状が重なって起こったり、日によって感じる症状が変わったりすることもあり、どちらのタイプであるかはっきり分けられない場合も多くあります。また、時間の経過とともに症状が変化することも珍しくありません。

機能性ディスペプシアの原因は以下のものが考えられます。
・食べ物が胃に入っても胃が十分にふくらまない
・胃酸の過剰な分泌
・ピロリ菌感染による胃粘膜の炎症
・胃の知覚過敏(刺激に対して痛みを感じやすくなっている)
・脂肪分の多い食事・アルコールの過剰摂取
・不規則な生活やストレスなどの心理的要因

機能性ディスペプシアの治療について、まずは、機能性ディスペプシアと似た症状は胃がんや胃潰瘍などでもみられることがあるため、内視鏡検査や腹部超音波検査などを行い、原因となる病気がないかを調べることが大切です。
治療では、
・食生活を見直す
・ストレスをためず、規則正しい生活をおくる
・必要に応じてピロリ菌の除菌治療を行う
・胃の症状に応じて薬の服用をする
などを行います。

(平成28年11月28日)

12345678910111213141516171819

Copyright(C) 2018 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。