宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  ピロリ菌についてA
*ピロリ菌の感染を調べる方法は?
 感染を調べる方法には、内視鏡を用いて胃の組織を一部とり検査する方法、血液検査により抗体を調べる方法、尿素呼気試験と言って吐き出した息から感染を調べる方法、便を採取して調べる方法があります。当院では、主に尿素呼気試験により検査をしています。

*尿素呼気試験ってどんな方法?
 ※検査当日は、飲食せず来院していただきます。
 ※タバコをすわれる方は検査2時間前より禁煙していただきます。
 @大きく息を吸い、5秒間息を止めた後、専用の袋に息を吐き出します。
 Aピロリ菌が反応する薬1錠を100mlの水で飲みます。
 B5分間、左側を下にしてベッドに横になります。
 C15分間椅子に座って待ちます。
 D大きく息を吸い、5秒間息を止めた後、専用の袋に息を吐き出します。

*尿素呼気試験は保険診療でできる?
 半年以内に内視鏡検査を行った人で、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍と診断された人は保険診療で検査・除菌を行うことができます。
※半年以内に内視鏡検査をせず検査・除菌を行う場合は自費診療となります。

*なぜピロリ菌の除菌が推奨されているか?
 ピロリ菌が萎縮性胃炎の原因となり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こしやすくなります。さらに、萎縮性胃炎の一部が胃がんに進行していきます。そのため、若いうちのピロリ菌除菌が推奨されています。

*ピロリ菌陽性の場合、除菌はどうやってする?
 @抗菌薬2種類と胃薬を1種類、1週間続けて内服します。
 A飲み終わるころ受診していただき、副作用などおこっていないか診察します。
 B内服終了後8週間以降後に、除菌が成功したか確認するため、再度尿素呼気試験を行います。
 ※除菌が成功していなかった場合は、抗菌薬を1種類だけ別の物に変え、もう1週間薬を内服していただきます。

*除菌はどれくらいの確率で成功する?
 当院では、1回目の除菌で約90%、2回目の除菌ではほとんどの人が除菌に成功しています。

*除菌薬で副作用は起こらないの?
 副作用として以下のような症状が現れる可能性があります。
・下痢・軟便
・味覚異常:食べ物の味をおかしいと感じるようになる・金属のような味を感じる
・アレルギー反応:発疹やかゆみを感じる(アレルギー反応が起こる可能性は2〜3%程度です)

*副作用が起こったらどうする?
 軽い下痢や軟便、味覚異常の場合はそのまま飲み続けてください。しかし、服用を続けている間に下痢や味覚異常がひどくなった場合は我慢せず、受診してください。発熱や腹痛を伴う下痢、アレルギー反応が起こった場合は、すぐに服用を中止し受診して下さい。

*除菌が終わったらもう安心?
 除菌が成功することでピロリ菌に関係する病気のリスクは減りますが、ゼロにはなりません。そのため、定期的に内視鏡検査を行うことをおすすめしています。


(平成29年11月30日)

  冬場の脱水について
みなさん、「脱水は夏にしかならない!」と思っていませんか?
実は冬でも脱水はおこります。
冬場に脱水が起こる原因として
・冬場は乾燥している(暖房器具の使用によりさらに湿度は下がります)
・冬は夏より汗が少ないため、水分の摂取量が減る
・寒いのでこまめにトイレに行きたくなくて水分摂取量が減る
・感染症による発熱・嘔吐・下痢で体内の水分が減る
などがあります。
脱水にならないために大切なこととして
・こまめに水分補給を行う
(1日に少なくとも1200mlは水分を摂取するよう心がけましょう。また寝る前、起きた時にはコップ一杯の水分を取ることをおすすめします。)
・湿度が50〜60%になるよう加湿する
(加湿器をおく、観葉植物をおく、バケツにタオルを入れておいておく、濡らしたタオルをかけておく)
などがあります。
また、脱水の初期症状として、
・唾液の量が減って口の中が粘つく
・爪の先を押した後、ピンク色に戻るのに3秒以上かかる
・手の甲を引っ張り上げた後、元に戻るのに時間がかかる
などがあります。
「あれっ」と思った時は、電解質やミネラルを含んだ経口補水液を飲むことで悪化を防ぐことができます。
しっかり水分補給し、寒い冬を乗り切りましょう。


(平成29年12月29日)

  不整脈について
皆さん、不整脈と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?
心臓は私たちにとってとても大切なものなので大事にしたいですよね!

不整脈とは、脈がゆっくりうつ、速くうつ、不規則にうつことをいいます。
一般的に脈が1分間に50回以下の場合は徐脈、100回以上の場合を頻脈と言います。
不整脈には病気に由来するものとそうでない生理的なものがあります。
例えば、走って脈拍が1分間に100回以上になったとき、これは生理的な頻脈と言えます。また、脈拍が不規則になるものの中の一つ、期外収縮は30歳以上になるとほとんどの人に現れると言われています。
不整脈がおこると、めまいや息切れ、動悸や胸痛がおこることがありますが、中には自覚症状なく何も気づかないこともあります。
そのため、不整脈に速く気づくためには、まず、自分の正常なときの脈拍を知っておくことが大切です。
その方法として、
@片側の手首を外側にして手のひらを上に向ける
A手首を少しあげてしわを確認する
Bしわの位置に反対の手の薬指がくるよう、人差し指・中指・薬指の3本をおく。そして親指の付け根の骨の内側のところで脈がよく触れる場所を探す。

こうして、1分間の脈拍は何回ぐらいか、不規則はないか確認します。
そして、時々脈を触ってみることで変化に速く気づくことができます。
脈に不規則を感じたときは心電図検査等の精密検査が必要かもしれません。
自分の体をよく知って上手につきあっていきたいですね。


(平成30年1月12日)

  自己血糖測定について
皆さん、自己血糖測定をご存知でしょうか?
自己血糖測定では、血糖コントロールが必要な方が自宅で血糖値を管理するため、自分で指などに針を刺し、血糖を計ります。
「自分で自分に針を刺す」聞いただけで怖くなってしまいますね。
今回は、少しでも痛みを小さくして血糖を測定する方法をご紹介します。
血糖測定の方法を患者さんに説明するとき、指先に針を刺すと説明することが多くあります。指先は毛細血管がたくさん通っているので、血糖の変化をスピーディーにとらえることができます。
しかし、指先は痛点が比較的多くあり、痛みを感じやすい部位でもあります。
そのため、指先が痛いという方は、手のひら、前腕、上腕の外側、太もも、お腹のほうが痛み少なく血糖測定を行うことができます。また、指先でも先端ではなく、横腹の真ん中あたりに刺すほうが痛みは少なくなります。
しかし、これらの場所は、指先に比べると血糖値の変化をとらえることが遅くなるため、針を刺す前に刺す場所をよくこすることが重要です。
また、同じ場所に針を刺し続けると皮膚が硬くなって、針を刺しづらくなるので、少しずつ場所を変えながら行いましょう。
自分の痛みの少ない場所を知って、上手に血糖コントロールしていきたいですね。
※指先に比べると他の部位は血糖値の変化が遅れて出ます。そのため、食後2時間以内や、低血糖を疑う際は指先で血糖測定を行うことが推奨されています。


(平成30年2月2日)

  がん教育の推進について ----- 科学的根拠に基づくがん予防 その1
みなさん、日本人の死因で最も多いのは癌であることをご存知ですか?
なんと、国民の2人に1人が癌にかかり、3人に1人が癌で亡くなっているのです。
人ごとではありませんね。
癌対策を行うには、癌について正しい知識を身につけ、健康な生活習慣を行うことが重要です。
今回は、癌について勉強したいと思います。
その1では「癌の統計・癌の現状」を、その2では「癌予防のためにできること」、その3では「がんの早期発見・治療を行うためにできること」を見ていきたいと思います。

@癌による罹患数・死亡数の増加について
癌は、細胞の遺伝子が様々な要因により傷つき変化することが、時間とともに積み重なって発生してくるものと考えられています。
そのため、癌の最大のリスク要因は加齢といえます。
日本では今、高齢化が進んでいます。
この高齢化が原因となり、癌の罹患数・死亡数は増加しています。(2015年の癌死亡数は1985年の約2倍)
しかし、一概に癌の罹患数の上昇は高齢化だけが原因とは言えません。
癌の罹患数は、人口の高齢化の影響をのぞいた年齢調整率で見ても、1980年以降増加しているのです。
その一方、早期発見や治療の進歩により、癌の生存率は多くの部位で上昇傾向にあります。

A癌になりやすい部位について(高齢化などの年齢構成の変化の影響を取り除いた部位別癌年齢調整罹患率による)
〈男性〉
2015年において、男性では胃癌が最も多く、次いで大腸癌、前立腺癌、肺癌の順となっています。
しかし、近年のピロリ菌保有率の低下もあり、胃癌の罹患率は低下傾向にあります。
逆に前立腺腫瘍マーカーによる検診の普及により、前立腺癌の罹患率が増加しています。
死亡率は、肺癌が最も多く、次いで胃癌、大腸癌の順となっています。
〈女性〉
女性は乳癌の罹患率が最も高く、次いで大腸癌、胃癌、子宮癌、肺癌の順となっています。
乳癌、子宮癌が顕著に増加しており、胃癌は減少傾向にあります。
死亡率は大腸癌が最も多く、次いで肺癌、乳癌の順となっています。

その2に続きます。


(平成30年3月19日)

1234567891011121314151617181920

Copyright(C) 2020 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。