宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  認知症について
現在の日本は、世界に先駆け、超高齢化社会に突入しています。今後も高齢化率はさらに高くなると予想されており、それに伴い認知症も身近な病気になってきているのではないでしょうか?
そこで今回は認知症について取り上げます。認知症にはいくつか種類があり、その中でも最も多い60%を占めるのがアルツハイマー型認知症です。
アルツハイマー型認知症は、脳のなかにアミロイドβなどの不要なたんぱく質が溜まることで、神経細胞が変性・死滅して記憶の機能を司っている「海馬(かいば)」という部分を中心に、脳全体が徐々に萎縮して小さくなっていくことです。
代表的な初期症状は物忘れですが、加齢による物忘れと間違えられやすく、初期症状を見逃す恐れがあります。また、料理や掃除など、いつも行っていることができなくなったり、通い慣れた道で迷子になったりすることがあれば認知症を疑い、精査を行うべきです。アルツハイマー型認知症は初期段階で治療を開始すると進行が穏やかになることがわかっています。
疑わしい症状がありましたら、早めに医療機関に受診をお勧めします。


(2019年9月14日)

  健康寿命を延ばすために
まず、平均寿命と健康寿命の違いについて知っておきましょう。

平均寿命とは?
ある集団に生まれた人間が平均して何年生きられるかの期待値のことをいいます。
健康寿命とは?
日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間の事です。
じつは、平均寿命と元気に過ごすことのできる健康寿命の間には約10年の差があるのです。なので、健康寿命を寿命までどれだけ近づけられるかが鍵となってきます。

そこで、健康寿命を延ばすために大事になってくるのがフレイル予防です。
まずフレイルって何?
フレイルとは虚弱を意味し、年をとり筋力や認知機能、社会とのつながりなどが低下した状態の事をいいます。健常から要介護へ移行する中間の段階で、多くの高齢者はこのフレイルを経て要介護状態へ進むと想定されています。
フレイル予防は何をすればいいの?
1:栄養(食・口腔機能)
バランスの良い食事、よく噛むことも重要です。低栄養は、フレイルを起こす最大の要因となってきます。
2:運動
筋力の低下を防ぐことで、転倒・骨折で寝たきりになるリスクも軽減されます。
3:社会参加(趣味・ボランティアなど)
社会参加の機会が低下するとフレイルの最初の入り口になりやすいことがわかってきました。地域のボランティア活動に参加したり、趣味など自分に合った活動を見つけてみましょう。
どれか1つだけすればいいというものではありません。うまくリンクさせ自分の生活サイクルに組み入れていくことが大切です。
皆さんも、この3つのポイントを心掛けてフレイル予防を行い、健康寿命を延ばしていきましょう。


(2019年10月21日)

  シックディとは?
皆さん「シックディ」という言葉を聞いたことはありますか?
糖尿病の方の中には聞いたことがある方や、なんとなく聞いたことがある、まだ聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれません。
すでに知っている方もそうでない方も、一緒にシックディについて考えてみましょう。

シックディとは、糖尿病の方が治療中に風邪などによる発熱、下痢や嘔吐などの体調不良を起こしたり、食欲不振のため食事がとれない状態のことをいいます。
糖尿病の方はそうでない方に比べ、病気に対する抵抗力が低下し、免疫力が弱くなっています。そのため、体調を崩すことで食欲不振となり、食事や水分がとれなく薬が飲めなくなると、血糖値が上がり高血糖になってしまい、昏睡などの重篤な症状を引き起こしてしまうことがあります。逆に食事がとれず薬だけ飲んでしまうと、低血糖の症状を起こす場合もあります。
体調を崩された時には、自己判断でインスリン注射や薬の服用を中断せずに、必ず主治医に相談して下さい。
軽い体調不良などと安易に考えてしまうと、重篤な症状になる危険性がありますので、糖尿病の方は体調不良を感じたら早めに病院を受診することが大切です。

― シックディにならないための対処法 ―
・風邪をひいたら体を温め安静にする。
・食事は消化の良いものをとる。絶食は絶対にしないで下さい。
・水分は1日1リットル以上とる。経口補水液( OS−1)なども良いでしょう。
・血糖値を自己測定されている方は、こまめにチェックすると良いでしょう。
 自己測定されていない方は、体調の変化がある場合には、早めに病院を受診して下さい。


(2019年11月13日)

  アデノウイルスについて
高熱が出て冬に流行る病気といえば、インフルエンザを思い浮かべる方が多いと思いますが、実はインフルエンザじゃないこともあるんですよ!!
それは、もしかしたら…アデノウイルスかも知れません!!
アデノウイルスとは、夏場の屋外プールなどで広く感染するケースが多いことから、別名プール熱(咽頭結膜熱)とも言います。ただし、冬の風邪の原因でもあります。
三大症状として、咽頭炎(喉の腫れ、痛み)、結膜炎(目ヤニ、目の充血)、高熱(38〜40℃近い高熱)があります。それ以外にも、鼻水、咳、全身倦怠感などがあります。
アデノウイルスの感染力は強く、飛沫感染や接触感染によってうつり、幼児から小学生に圧倒的に多く発症するケースが多く、潜伏期間は一般的に5〜7日程度と言われています。
アデノウイルス感染症はその名の通りウイルス性疾患ですが、現在のところアデノウイルス単体に効果のある抗ウイルス剤はありません。ですから、アデノウイルス感染症の治療に関しては自然治癒力による回復を積極的に考えて安静第一の治療を行うことになります。そして対症療法が治療の基本となります。
当院では迅速診断を行うこともできるので、早めに医療機関に受診することをお勧めします。


(2020年1月10日)

  肺気腫・COPDとは?
肺気腫やCOPDという言葉を皆さんご存知でしょうか?
もともと肺気腫として知られていますが、現在は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼びます。この病気は、煙草の喫煙によって起こり喫煙量が多い人ほど発症しやすい病気ですが、実際に煙草を吸っていなくても周りの人が吸っている煙(副流煙)を吸ってしまっても肺が傷つき発症します。肺気腫(COPD)は、何年もかけてゆっくり進行しけっして急激に起こるものではありません。煙草によって肺や気管支が傷ついたことにより息を吐く途中でふさがり上手く息を吐ききれなくなって呼吸機能が落ちてしまいます。その為、息切れの症状がでます。その他の症状は、頻度は高くはありませんが咳や痰などの症状もでます。中には、症状が出ない方もいます。症状が悪化すると酸素が取り込みにくくなるため酸素吸入が必要になり在宅酸素療法が必要になる方もいます。
COPDの治療は、根治治療ではなく姑息的治療になり悪化を防ぎ症状を改善します。
煙草を吸っている人は、ふと我に返ってみると咳や痰が日常茶飯事なことが多いのではないでしょうか?実はすでにCOPDになっている可能性もあります。一番の予防治療は、禁煙です。
見た目では判らない肺の健康を知るヒント「肺年齢」を一度測定してみてはいかがでしょうか。


(2020年2月3日)

12345678910111213141516171819

Copyright(C) 2021 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。