宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  血便について そのA
A感染症(食中毒)編
《腸管出血性大腸菌(O-157)》
 充分に加熱していない肉や野菜などの食物、井戸水や湧水が原因となります。潜伏期間は3〜5日、無症状から、著しい血便と共に重篤な合併症を起こし死に至るものまで様々です。多くの場合、激しい腹痛を伴う頻回の水様便の後に、血便となります。血便の初期には血液の混入は少量ですが、次第に増加し、典型例では便成分の少ない血液そのものという状態になります。

《赤痢アメーバ》
 汚染された水、野菜や果物、肉を生で食べることで感染します。潜伏期間は、通常2〜4週間で、下痢、粘血便、しぶり腹(便意はあっても排便が無い、便意はあっても少量しか出ず頻回に便意をもよおす状態)、排便時の下腹部痛が見られます。典型例では、イチゴゼリー状の粘血便が見られ、数日〜数週間の間で良くなったり悪くなったりを繰り返します。

《細菌性赤痢》
 汚染された食べ物、生水より感染します。海外渡航中に感染する例が多く、人から人への二次感染も起こります。潜伏期間1〜3日の後に全身の倦怠感、悪寒を伴う急激な発熱、水様性下痢により発症します。発熱は1〜2日続き、腹痛やしぶり腹、膿粘血便が見られます。

《カンピロバクター》
 十分に加熱していない肉(特に鶏肉)、十分に洗っていない野菜、井戸水や湧き水が原因となります。1〜10日(平均3〜5日)の潜伏期間を経て、発熱、頭痛、腹痛、嘔気、下痢(一般的に水様便)などの症状が出現し、血便や粘血便を伴うこともあります。

《サルモネラ》
十分に加熱していない肉、卵、魚などが原因となります。通常8時間から48時間の潜伏期間の後に発症します。一般的な症状は、急性胃腸炎で、悪心、嘔吐で始まり、数時間後に腹痛、下痢をおこします。下痢には血便を伴うこともあります。

 《腸炎ビブリオ》
 生の魚介類が原因となります。潜伏期間は12時間前後、主症状としては耐え難い腹痛、水様性や下痢(まれに血便)、発熱、悪心、嘔吐が見られます。

 これからの梅雨時、夏場は食中毒が発生しやすい季節です。調理前・食事前・トイレの後の手洗いを徹底する事、また食品の管理や調理方法に気を付け、食中毒を予防していきたいですね。

Bのその他篇に続きます。


(平成30年6月30日)

  血便について そのB
Bのその他篇です。
《痔核》
 痔核とは、肛門を閉じる働きをする部位に、排便時のいきみや、長時間の同一姿勢、重い物を持ち上げるなどで負荷が掛かり、うっ血することでできるいぼ痔のことです。肛門の内側に出来る内痔核と外側に出来る外痔核があります。
 内痔核では、排便時に出血し、トイレットペーパーに鮮血が付いたり、シューっと迸って便器が赤く染まる事があります。軽度の内痔核では痛みを伴いません。
 外痔核は、痛覚を伴う皮膚に出来るため痛みを伴い、出血することもあります。

《裂肛》  
 切れ痔の事です。排便時に出血と痛みがあり、排便後にも傷みが持続するのが特徴です。

《虚血性大腸炎》
 高齢者に多く、動脈硬化などの血管側の要因と、便秘などによる腸管側の要因が絡み合って起こります。症状は突然の左下腹部痛から始まり、それに引き続き、水様性の下痢や下血が見られます。

《潰瘍性大腸炎》
 10歳代後半から30歳代前半に好発する、原因不明の炎症性疾患です。下痢、粘血便、腹痛、発熱などが症状としてみられます。

《薬剤性出血性大腸炎》
 抗生剤(特にペニシリン系)摂取数日後に、血性の下痢、腹痛で急激に発症します。トマトケチャップ様の血便が出ますが、初発時は水様便の事もあります。 

《大腸憩室出血》
 憩室とは、大腸壁の弱くなった部位が大腸の圧迫によって外側に袋状に押し出されたものの事で、内視鏡で見ると、くぼみのようになっています。この、大腸憩室の合併症の1つである大腸憩室出血は、高齢者に好発し、典型例では、無痛性の下血、血便で発症します。

 今回紹介したのは、血便が出る病気の一部です。血便が出る原因には様々なものがあり、なかには命に関わる病気もあります。そのため、血便が出たときは、自己判断で「大丈夫」と思わず、医療機関を受診することをお勧めします。
 受診する際には、血便の色(黒いか、赤いか)、量(多いか、少ないか)、血便の色が赤い時は、血液と一緒に粘液がまじっているか、便の表面に血液が付着しているだけか、便と血液がごちゃまぜに混ざっているか、血液だけ飛び散るように出ているのかなどを教えていただけると、医師も血便の状態を把握しやすくなります。携帯電話などで、写真を撮ってきて頂いてもけっこうです。
 自分の健康のバロメーターともなる便の状態を把握し、異常がある際はすぐ発見できるようにしていきたいですね。


(平成30年6月30日)

  健康診断で血圧が高いといわれたら
皆さん、健診は毎年受けていらっしゃいますか?血圧はほとんどの方が測ると思いますが、血圧が高めですね、と言われたことはないですか?
血圧は運動や精神面、食事、気温などさまざまな影響を受けやすく、常に変動しています。1度だけでなく自宅でも時間を決めて測ってみましょう。

血圧は座った状態で測ります。この際、数分間の安静ののち、大きく何回か深呼吸をしてから測定するようにしてください。
これで血圧が135/85mmhg以上の場合は高血圧の可能性が高いです。

また、生活習慣を改めることで高血圧を改善することにつながります。
(1)食塩は1日10g未満、できれば6g未満を目標に
食塩の摂りすぎは高血圧の大きな原因になります。
(2)食べ過ぎを避け、肥満を防ぐ
(3)禁煙をする、アルコールは控えめに
(4)ストレスをためないような生活を
(5)軽い運動で肥満予防、ストレス予防

減塩生活を心がけるようにすることで循環血液量の増加が抑えられ血圧の上昇を防ぐことができます。摂取量を減らす工夫を始めましょう。

【食塩1gを含む調味料の量】
濃口しょうゆ7g(小さじ1強)
薄口しょうゆ6g(小さじ1)
ウスターソース12g
※普通のラーメン1杯で6g前後の食塩が含まれています!普段からの食生活の見直しが大切ですね。

しかし、高血圧が長い間持続すると全身の動脈硬化が進行し、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患、心筋梗塞、狭心症や心不全などの心臓病、腎硬化症や尿毒症などの腎臓病、頸動脈狭窄や下肢閉塞性動脈硬化症、高血圧性網膜症などの眼の病気を引き起こす原因となります。高血圧をそのまま放置することなく専門医と相談することが大切です。


(平成30年8月31日)

  救急処置について
9月9日は「救急の日」である事をご存じですか?
「救急の日」は、9(きゅー)月9(きゅー)日の語呂合わせから、昭和57年に厚生労働省によって定められました。この「救急の日」をきっかけに皆さんに救急に対する関心や理解を深めていただくことを目的としています。

皆さん、目の前で人が倒れたらどうしますか?突然のことにびっくりしてどうしたらよいかわからなくなりますよね。救命率は、心停止から1分毎に約10%下がると言われています。そのため、心臓が突然止まってしまった場合、救急車が来るまでに心臓マッサージとAEDを行うことは救命や社会復帰に多きく影響します。自動車免許を取る際、心臓マッサージやAEDの講習がありますが、長い間使わずにいると忘れてしまいますよね。今回は、倒れている人、特に心臓や呼吸が止まってしまった人がいた時、どうすればよいか復習したいと思います。

〈倒れている人を発見したら〉
@まず、倒れている場所の安全を確保します。そして、反応の確認をします。肩を叩き大声で「大丈夫ですか?」などと声をかけます。応答やしぐさがなければ「反応なし」です。
A応援を呼びます。「誰かきてください。」応援に来てくれた人に、救急車とAEDを依頼します。「119番通報をしてください」「AEDを持って来てください」
B呼吸の確認をします。胸と腹部の動きを見ます。10秒以内で行います。
C呼吸がない、又は、普通ではない呼吸(しゃくりあげるようなとぎれとぎれの呼吸など)の時は心停止とみなし、心臓マッサージを行います。よくわからない時も心臓マッサージを開始します。
D心臓マッサージを、強く(胸が5p沈む強さ)、速く(100〜120回/分)、絶え間なく(中断は最小限)行います。人工呼吸は、訓練を受けていて、行なう技術と意思がある場合のみ、心臓マッサージ30回に対し2回行います。
EAEDが到着したら電源を入れ、音声の指示に従って操作します。胸に装着している間もできるだけ心臓マッサージは中断しないようにします。AEDから電気ショックの指示が出たらショックを行い、終了後「ただちに胸骨圧迫を開始してください」とメッセージが流れましたら、すぐに心臓マッサージを再開します。電気ショックが必要無かった場合も心臓マッサージを続けます。2分経過後、再度心電図の解析が始まり、必要であれば再度ショックが行われます。
どちらの場合も、救急隊が到着するまで、又は倒れている人の呼吸が普通に戻って呼びかけに反応するようになるまで続けます。

当院でも、救急の日にあわせ、毎年9月にスタッフ全員で救命について復習しています。
一般の方に向けては、救命講習会が消防署で定期的に開催されています。いざという時に行動できるように、参加してみるのもいいかもしれませんね。


(平成30年9月13日)

  インフルエンザ予防接種Q&A
10月に入り、今年もインフルエンザの予防接種がはじまりました。
みなさん、インフルエンザの予防接種は、毎年受けられていますか?
今回はインフルエンザの予防接種を受けるにあたり、皆さんが疑問に思われているのではないか?と思う点についていくつかお話ししたいと思います。

Q1、風邪とインフルエンザは何が違うの?
A:風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、鼻水やくしゃみ、咳、喉の痛みなどが中心で全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザより高くなく重症化することもあまりありません。
インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因となり、38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感などの症状が急速に現れるのが特徴です。併せて喉の痛み、鼻水、咳なども見られます。お子様では稀に急性脳症を、ご高齢の方や免疫が低下している方では肺炎を伴うなど重症になることがあります。

Q2、インフルエンザの予防接種をうけたらインフルエンザにかからなくなるの?
A:インフルエンザワクチンは、接種したからインフルエンザに100%かからないというものではありません。インフルエンザの発病をある程度予防したり、重症化を防ぐと言った効果があります。

Q3、インフルエンザの予防接種が原因でインフルエンザにかかることはないの?
A:インフルエンザワクチンは不活化ワクチンと言って、ウイルスの感染性を殺し、免疫を作るのに必要な成分を取り出して作っているので、予防接種でインフルエンザにかかることはありません。

Q4、予防接種してどれくらいで効果がでるの?
A:予防接種をしてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまで2週間程度と言われています。

Q5、去年も予防接種を受けたが、今年も受けるべき?
A:予防接種の効果が十分に持続するのは5ヶ月程度といわれています。また、インフルエンザウイルスは毎年流行に変化が見られるため、そのシーズンの流行を予測してワクチンは作られています。そのため、毎年接種することが勧められています。

Q6、予防接種をした日はお風呂に入っていいの?
A:入浴して大丈夫ですが、注射した部位を強くこすることは避けて下さい。

Q7、予防接種をした日はお酒を飲んだり運動したりしていいの?
A:いつも通りの生活で構いませんが、大量の飲酒や激しい運動は避けて下さい。

Q8:予防接種をした後気をつけることは?
A:インフルエンザワクチンを接種した後30分間は急な副反応(アナフィラキシー様症状〔蕁麻疹、かゆみ、呼吸困難〕)がおきることがあります。接種後30分程度は医療機関とすぐに連絡が取れるようにしておいて下さい。
また、接種部位の異常な反応や、体調の変化があった場合はすぐに医師の診察を受けて下さい。

当院でも、10月6日よりインフルエンザの予防接種を行っております。電話にてご予約うけつけております。お気軽にお問い合わせください。


(平成30年10月15日)

1234567891011121314151617181920

Copyright(C) 2019 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。