宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  アナフィラキシーについて
皆さんアナフィラキシーという言葉は知っていると思いますが、どの様な症状を起こすかご存知ですか?コロナウイルスのワクチン接種が、少しずつですが始まりワクチン接種による副作用でアナフィラキシーという言葉を何度も耳にするようになったと思います。今回、アナフィラキシーについて考えてみませんか?

アナフィラキシーとは、急激なアレルギー反応により命の危険に繋がる様々な症状が全身に起きる状態で、数分で死亡することもあります。

原因には、蜂などの虫刺され、食べ物、薬剤などがあります。身体に合わない食べ物を食べた後に運動をすることでアナフィラキシーを起こすこともあります。

症状には、皮膚や口に違和感や痒み、全身が赤く腫れる蕁麻疹や腹痛、下痢、嘔吐、頭痛、めまい、動悸、冷や汗、眼の充血、症状が進むと喉の奥の粘膜が腫れ呼吸がしにくくなったり血圧が急に低下したりします。重症になると意識障害、呼吸停止、けいれんを起こし命の危険に関わることがありますが、全員が同じ症状が出るわけではありません。

治療には、血管内の水分が減少してしまうので点滴を行います。抗ヒスタミン薬やステロイド薬の投与、緊急事態にはアドレナリンの筋肉注射をします。

アナフィラキシーを二度と起こさない為には、アレルギー源が分かっている場合はそれを避けることやアドレナリンの自己注射の携帯する。症状が落ち着いても病院に受診して下さい。


(2021年4月17日)

  新型コロナワクチンの有効性と副反応について
新型コロナ感染症の拡大が始まって一年以上が経過しようとしています。
ゴールデンウィークも我慢の休日となってしまった方も多いのではないでしょうか。
見えない敵との闘いに、みなさまの疲れやストレスも溜まっていることと思います。
さて、いよいよつくばでも、コロナワクチンの接種が始まろうとしています。
そこで今回は、このワクチンの接種方法とそれに伴う有効性と副反応について取り上げたいと思います。

新型コロナワクチン(ファイザー社)は2回の接種が必要です。1回目の接種後、3週間の間隔で2回目の接種を行います。このワクチンの効果は新型コロナウィルス感染症の発症を予防します。ワクチン接種をした人が、6〜7割を超えると「集団免疫」を獲得し、感染症の流行が鎮火すると期待されます。そのほかに、発熱や咳などの発症を防いだり、重傷者や死亡者を減らすことが期待されています。このワクチンの接種で充分な免疫ができるのは2回目の接種を受けてから7日程度経ってからと考えて下さい。

次に新型コロナワクチンの主な副反応は、接種部位の痛みや腫れ、発熱やだるさ、頭痛などの症状があります。まれに起こる重大な副反応として、アナフィラキシーがあります。これらの症状は若年者よりも、高齢者の方が少し頻度が低いことが報告されています。
しかしながら本ワクチンは、新しいワクチンの種類のため、これまで明らかになっていない症状も出る可能性があります。

ワクチン接種を受ける際には、ワクチンについて正しく知り、納得したうえで受けましょう。また基礎疾患のある方は、自己判断せずに接種医又はかかりつけ医に相談しましょう。
ワクチン接種後も公共の場所では引き続き、三密を避け、マスク手洗いをするといった基本的な感染症予防策も忘れずに行って下さい。
このワクチン接種によって感染拡大に歯止めがかかることを願うばかりです。


(2021年5月14日)

  コロナワクチン接種について
当院は、コロナワクチンの予防接種を実施致します。
高齢者への接種開始は5月24日からの予定となっています。ただし、ワクチンの供給が
遅れた場合は変更となる可能性がございます。
高齢者の接種対象者としては、令和4年3月31日までに65歳以上に達する方となります。
原則、コロナワクチン接種は住民票がある市町村で接種となります。しかし、特例として基礎疾患を持つ方が主治医のもとで、接種する場合は、住民票所在地以外での接種を受けることが出来ます。
コロナワクチン接種回数は2回必要です。2回目の接種は1回目から3週間あけて接種となります。
また、コロナワクチンを接種するにあたり、接種券が必要となります。
接種券は順次、市から自宅へ郵送されます。
当院で接種を希望する方の予約方法ですが、当院はつくば市の予約システムを用いてご予約をお取り致しますので、下記の方法でご予約下さい。
@インターネット予約
 つくば市のホームページの予約フォームから
A電話予約
 (029-883-1391)
BLINE予約
 ※LINE予約につきましてはサービスの準備が出来次第市の方から案内がございます。
詳しくは接種券に同封されております「つくば市からのお知らせ〜新型コロナワクチン接種について〜」をご確認下さい。
接種料金は全額公費負担なので、無料で接種できます。

持病がある方は、かかりつけ医とワクチン接種についてよく相談し、予防接種の必要性・副反応・有効性を理解、同意した上で接種するようにして下さい。



(2021年4月15日)

  スマートフォンによる診察予約(アイチケット)導入のお知らせ
当院では、院内での待ち時間短縮や、待合室の混雑緩和及び院内感染を事前に防止するなどを目的とし、10月12日(月)より診療予約システム(アイチケット)を導入致します。専用アプリ『アイチケット』をダウンロードして頂き、お持ちのスマートフォンなどから来院する前に待ち人数を確認したり、予約番号を取ることができます。なお、導入に際し、事務員がやり方を丁寧にご説明させていただきますのでご不明な点がございましたらお気軽にお声かけ下さい。(但し、スマートフォンをご持参ください。)
○特徴
・来院時に番号の記載されたチケットをお渡し致します。受付で、診察までの順番が院内のモニターにて確認できるようになります。またインターネットで、ご自宅や外出先から診察状況、混雑状況の確認が可能です。
・予約の為に来院することなく、携帯電話やパソコンから予約が可能です。
○来院時の受付の流れ
@アイチケットにてオンライン予約をされた方…アイチケットで予約された旨を受付スタッフへお伝えください。窓口でチケットをお渡しして、受付完了になりますので、来院されましたら必ず窓口での受付をお願い致します。オンライン予約のみでは来院の有無の確認ができませんのでご注意下さい。
Aアイチケットをご利用せず窓口で直接受付される方…窓口で受付した時点でご自身の受付番号が発行となり、受付時チケットをお渡し致します。
※しばらくの間は従来通り、お電話によるご予約も可能ですのでご安心下さい。
○予約時間
・アイチケットでの予約可能な時間帯は下記の通りになります。
月・火・木・金     9:00〜11:30   /  15:30〜18:00
水           9:00〜11:30
土           9:00〜12:30
※診療の進行状況や都合により、上記の予定時間より早くオンライン予約を終了する場合がございますのでご了承下さい。
○窓口での受付について
・8:30〜9:00と18:00〜18:30は医院での受付を行います。
診察時間の標榜時間に変わりはございませんので、直接ご来院下さい。
○注意事項
・病状の重症度や検査、処置の有無によっては順番が前後する場合がございます。
・順番に遅れた方は待合室でしばらくお待ちいただくか、キャンセルのうえ順番を取り直していただく必要がございます。ご自身の予約番号の3番前位を目安にお越しいただきますようお願い致します。
・順番に遅れた場合や、診療時間内に来院されなかった場合、連絡が取れない場合などはキャンセル扱いになることがありますのでご注意ください。
・ご家族で複数の人数を予約される場合は、人数分のオンライン予約が必要です。
・アイチケットでは、診察のみの予約をお取りしております。予防接種のご予約や健康診断のご予約、胃カメラ検査など診察以外のご予約はお電話にてうけつけておりますのでお問い合わせください。


(2020年10月2日)

  感染症(コロナやインフルエンザ)の迅速検査についての当院の方針
厚生労働省ならびに医師会の指導により、検体採取には感染防護具を着用するなど、適切な感染防護策を徹底する必要がありますが、一般診療所では厚生労働省が示す感染防護策が出来る体制というのは非常に難しいため、当院では、新型コロナウイルスの検査は行っておりません。
また、同時流行が懸念されているインフルエンザとも症状が似ており、どちらの感染症も否定できません。当院では総合的に判断し、苦渋の決断ではありますが、エアロゾルを発生しうるインフルエンザ等の検査も、新型コロナウイルス感染拡大予防の目的で、当分の間は原則中止することと致しました。当院で検査は行えませんが、インフルエンザの流行状況や症状など、診察にて疑わしい場合には、検査せずにインフルエンザ薬を処方することもございます。
検査につきましては、専門病院にて新型コロナウイルスとインフルエンザを同時に検査することができますので、患者様よりお問い合わせを頂いた場合、検査が可能な専門病院をご案内させて頂きます。

感染拡大防止のため、風邪症状や発熱(微熱を含む)のある患者様は、直接来院せずに、まずはお電話にてお問い合せ下さいますよう、ご協力よろしくお願い致します。


(2020年9月30日)

12345678910111213141516171819

Copyright(C) 2021 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。