宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  過敏性腸症候群について
過敏性腸症候群って、時々聞く病気ですが、今回はこれについて勉強しましょう。
過敏性腸症候群とは
通常の検査では腸に炎症・潰瘍・内分泌以上などが認められないにも関わらず、慢性的に腹部の膨張感や腹痛を訴えたり、下痢や便秘などの便通の異常を感じる症候群です。
排便後に痛みが軽減されるという特徴があります。

原因
はっきりとした原因は分かっていませんが、ストレス、過度な緊張、腸内細菌そうの変化などが関係しているのではないかと考えられています。

過敏性腸症候群の種類
大きく3つに分けられます。
1 下痢型
 激しい腹痛とともに、水っぽい便が出る下痢が、1日に何度も起こります。外出するのが億劫になるほど症状に悩ませるケースもあります。
2 便秘型
 排便時に腹痛が起こり、強くいきまないと便が出なかったり、コロコロと小さな便しか出なかったりして、残便感に悩まされる場合があります。また、慢性的に便秘でストレスを感じるとより悪化する傾向にあります。
3 混合型
 下痢型と便秘型の両方の特徴を併せ持ちます。便が不安定に変動して、下痢と便秘を繰り返すのが混合型です。一般的に多いタイプとされています。
下痢型は男性に多く、便秘型・混合型は女性に多い傾向にあります。

治療について
生活習慣の改善 … 心理的ストレス、過度の飲酒、偏食や早食い、睡眠不足、運動不足などの生活習慣の乱れが発症や悪化に大きくかかわっていると考えられています。
食事療法 … 高脂質食、カフェイン類、香辛料を多く含む食品、人口甘味料、乳製品
(乳糖不耐症の方)などは増悪因子となるので控えるのが望ましいです。
薬物療法 … 排便状態により治療薬は変わります。

ストレスの多い現代社会において過敏性腸症候群は、誰にでも起こる可能性があります。
症状が慢性的に続いてるようであれば一度消化器内科へ受診し症状を詳しく相談することをお勧めします。


(2022年12月19日)

   AI(人工知能)内視鏡について
AI(人工知能)が、医療の分野でも活用されるようになって来ました。当院においてもAI内蔵の大腸内視鏡をいち早く導入し、大腸がんやポリープの検出力や鑑別力が著しく向上してまいりましたので、ここに紹介させて頂きます。
従来の白色光による内視鏡観察に加えて近年、粘膜の表面だけをを可視化する波長を選別してレーザー光を当て細い血管や表面の構造を詳しく観察するBLI(Blue LASER lmaging)と短波長狭帯域光と色調拡張技術を組み合わせることによってわずかな色の差を強調し、観察をするLCI(Linked Color lmaging)があります。消化管粘膜の観察では、正常な粘膜と炎症のある粘膜を見分けなければなりません。
そこに今回、特殊光源(BLI及びLCI)を利用するだけでなく、新たにAI技術を活用して、大腸ポリープなどの病変の検出および鑑別をサポートする内視鏡診断機能が加わりました。

現在、大腸がんは、がんの中でも罹患者数第1位で死亡者数第2位と高い割合を占めています。しかし、初期のがんであれば内視鏡手術や外科手術で切除できる可能性が高く、早期発見が重要とされています。大腸がんの検査は内視鏡検査が一般的ですが、平坦な病変や微小な病変は発見が難しく、発見率を向上させることが課題となっていました。また、切除する必要が比較的低いとされている非腫瘍性の病変の切除件数を減らすことで患者様への負担が減ることや、内視鏡検査による正確な大腸ポリープ診断が求められています。
AIの特徴には、大腸ポリープなどの[病変検出支援機能]と[疾患鑑別支援機能]で構成されています。
病変検出支援機能には、内視鏡画面内にポリープなどの病変と疑われる箇所を検出すると、対象エリアを枠で囲い表示するとともに、検出音を鳴らします。
疾患鑑別支援機能は、ポリープなどの病変と疑われる箇所について、腫瘍性もしくは非腫瘍性の鑑別を表示します。鑑別結果が腫瘍性の場合には黄色で非腫瘍性の場合には緑色と表示します。
人工知能であるAIの技術を用いて、大腸内視鏡時における癌やポリープの検出や鑑別を豊富な経験・知識を持つ医師のダブルチェックにより患者様の負担を少なく正確な検査を行ってまいります。


(2023年1月17日)

  インフルエンザ予防接種について
今年度のインフルエンザ予防接種のご予約は終了致しました。



(2022年12月20日)

  新型コロナウイルスワクチン4回目接種について
・4回目の接種対象者
3回目の接種完了から5カ月以上が経過した以下のいずれかの方
1. 60歳以上の方
2. 18歳以上60歳未満の方のうち、基礎疾患を有する方、その他新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方(60歳未満の基礎疾患を有する方等)

・予診票の発送について(つくば市)
1. 60歳以上の方:令和4年5月30日(月)発送予定
※接種3回目より5カ月経過した方へ毎週発送
※初回の発送は約1.800人分
2. 60歳未満の基礎疾患を有する方等:対象者からの申請により接種券を発行

基礎疾患を有する者の範囲について
1 以下の病気や状態の方で、通院/入院している方
・慢性の呼吸器の病気
・慢性の心臓病(高血圧を含む。)
・慢性の腎臓病
・慢性の肝臓病(肝硬変等)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
・免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている。
・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
・染色体異常
・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群
・重い精神疾患(精神疾患の治療の為入院している、精神障碍者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
2 基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
※BMI30の目安:身長170pで体重約87s、身長160pで体重約77s


(2022年5月24日)

  スマートフォンによる診察予約(アイチケット)導入のお知らせ
当院では、院内での待ち時間短縮や、待合室の混雑緩和及び院内感染を事前に防止するなどを目的とし、10月12日(月)より診療予約システム(アイチケット)を導入致します。専用アプリ『アイチケット』をダウンロードして頂き、お持ちのスマートフォンなどから来院する前に待ち人数を確認したり、予約番号を取ることができます。なお、導入に際し、事務員がやり方を丁寧にご説明させていただきますのでご不明な点がございましたらお気軽にお声かけ下さい。(但し、スマートフォンをご持参ください。)
○特徴
・来院時に番号の記載されたチケットをお渡し致します。受付で、診察までの順番が院内のモニターにて確認できるようになります。またインターネットで、ご自宅や外出先から診察状況、混雑状況の確認が可能です。
・予約の為に来院することなく、携帯電話やパソコンから予約が可能です。
○来院時の受付の流れ
@アイチケットにてオンライン予約をされた方…アイチケットで予約された旨を受付スタッフへお伝えください。窓口でチケットをお渡しして、受付完了になりますので、来院されましたら必ず窓口での受付をお願い致します。オンライン予約のみでは来院の有無の確認ができませんのでご注意下さい。
Aアイチケットをご利用せず窓口で直接受付される方…窓口で受付した時点でご自身の受付番号が発行となり、受付時チケットをお渡し致します。
※しばらくの間は従来通り、お電話によるご予約も可能ですのでご安心下さい。
○予約時間
・アイチケットでの予約可能な時間帯は下記の通りになります。
月・火・木・金     9:00〜11:30   /  15:30〜18:00
水           9:00〜11:30
土           9:00〜12:30
※診療の進行状況や都合により、上記の予定時間より早くオンライン予約を終了する場合がございますのでご了承下さい。
○窓口での受付について
・8:30〜9:00と18:00〜18:30は医院での受付を行います。
診察時間の標榜時間に変わりはございませんので、直接ご来院下さい。
○注意事項
・病状の重症度や検査、処置の有無によっては順番が前後する場合がございます。
・順番に遅れた方は待合室でしばらくお待ちいただくか、キャンセルのうえ順番を取り直していただく必要がございます。ご自身の予約番号の3番前位を目安にお越しいただきますようお願い致します。
・順番に遅れた場合や、診療時間内に来院されなかった場合、連絡が取れない場合などはキャンセル扱いになることがありますのでご注意ください。
・ご家族で複数の人数を予約される場合は、人数分のオンライン予約が必要です。
・アイチケットでは、診察のみの予約をお取りしております。予防接種のご予約や健康診断のご予約、胃カメラ検査など診察以外のご予約はお電話にてうけつけておりますのでお問い合わせください。


(2020年10月2日)

12345678910111213141516171819

Copyright(C) 2023 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。