宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  胃癌リスク健診(ABC健診)について
胃癌リスク健診(ABC検診)は、健康診断の際にあらかじめ採取した血液検体を利用し、血液中のピロリ菌抗体の有無(陽性か陰性か)及びペプシノゲン値(陽性、陰性)を測定し、胃癌リスクをABCDの4群に分ける健診です。
A群は、今後胃癌が発生する可能性が極めて低く、B群、C群、D群の順に胃癌のリスクが大きくなります。

胃癌リスクの高低に合わせ、胃カメラによる精査を1年に1回から3年に1回に分けて、検診対策をとる事がABC健診の特徴です。
さらに、この健診のもう一つの特徴はピロリ菌が体内に存在しているかどうかがわかるということです。

ピロリ菌が胃癌の最大の原因といわれる現在、ピロリ菌保有者が若いうちに除菌治療を受けることが極めて重要であります(医療保険適用)。
従って、胃癌リスク健診(ABC健診)が胃癌をより効率的に検出する(二次予防)だけでなく、胃癌を減少させる(一次予防)の効果もあり、一石二鳥の新しい胃癌健診法と言ってよいでしょう。
そのため、従来のバリウムによる胃癌検診に変えて、ABC検診が採用されることが時代の流れと考えられます。

胃癌リスク健診の結果では、要精密検査、要治療に該当する方(即ちBCD群)には是非この機会を利用して医療機関と相談して適切な治療を受けられることをお勧め致します。


(平成26年5月16日)

  夏バテを予防しましょう
関東地方も梅雨明けをし、いよいよ夏本番です。
暑い日が続くと食欲がない、疲れやすくだるい、眠れない、胃腸の調子が悪いといった夏バテの症状が現れることはありませんか?
夏バテの原因には、体温調節の不調、体内の水分やミネラルの不足、食欲低下による栄養不足、室内外の温度差による自律神経の乱れなどがあります。
夏バテにならないために、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

○バランスの良い食事を心がける
少量でも栄養バランスのよい食事を心がけ、1日3食きちんと食べましょう。
ご飯やパンなど、エネルギー源となる炭水化物は少量でも毎食欠かさずに。たんぱく質が不足すると基礎体力が落ちてしまうため、脂肪が少ない肉や魚、豆腐など良質なたんぱく質を意識してとるようにしましょう。
旬の野菜に含まれていて、体調を整えてくれるビタミン・ミネラルはたっぷりとる必要があります。
しょうがやねぎなどの薬味や香辛料は、食欲を増進させ、疲れた胃腸の機能を回復する効果があるので積極的に利用しましょう。
夏バテに特に効果が高い栄養素がビタミンB1です。糖質をエネルギーに変える働きを助け、疲労回復に役立ちます。ビタミンB1は豚肉、うなぎ、卵、枝豆などに多く含まれます。

○適度な運動で汗をかきやすい体に
汗をかいて体温調節がスムーズにできる体になるために、適度な運動を習慣づけましょう。
室内でできる腹筋やスクワット、涼しい時間帯にするウォーキング、水中運動などがおすすめです。
運動すると新陳代謝が盛んになり、血行もよくなり疲労回復につながります。ぬるめのお湯にゆったりつかる半身浴やストレッチ、マッサージなども同様の効果があります。
運動中に限らず、こまめな水分補給は夏バテ防止に欠かせません。水やお茶など、喉が渇く前にこまめに補給しましょう。ミネラルを含む麦茶もおすすめです。

○十分な睡眠・休養で体力回復を
睡眠不足では疲れがとれず、夏バテも解消されません。睡眠時の冷房は、眠ると体温が下がるので、28度くらいの高めに設定したり、タイマーで寝入ったころに冷房が切れるようにしておくといいでしょう。
また、扇風機を使ったり、敷布団の上にゴザや麻素材のパッドなどを敷くのも寝苦しさをやわらげることができて効果的です。
それでも眠れない日が続く場合、可能なら30分くらい昼寝をして、疲れがたまらないようにしましょう。

○規則正しい生活で自律神経をメンテナンス
朝早く起きて日光を浴び、昼間活動して夜は早めに寝る、食事時間も一定にするといった規則正しい生活を送り、自律神経を整えましょう。
室内外の温度差を少なくするために、冷房の効いた場所では上着をはおり、外では脱ぐというようにこまめに体温調節を行うことも自律神経への負担を軽減するのに役立ちます。

ここで注意しなくてはいけないのは、だるいのは夏バテのせいと思っていたら、鉄欠乏性貧血や甲状腺機能障害、糖尿病、肝炎などなどの病気が隠れていたという場合もあることです。
疲労感が強かったり、長引く場合は、一度医師に相談してみましょう。


(平成26年7月24日)

  血管年齢を若く保つために
私たちが生きていくために必要な酸素や栄養。それらをカラダのさまざまな細胞に届けているのが「血液」です。そして、その「血液」が通る道、それが「血管」です。健やかな毎日を送るためには、「血液」だけでなく「血管」を健康に保っておくことが大切です。
血管の状態を年齢で表したものを血管年齢といい、脳卒中や心臓病にかかる可能性、老化などを知る目安になります。

健康な血管というのは、しなやかで弾力性があります。そのしなやかさと弾力性によって血液がスムーズに流れ、全身に必要な酸素や栄養を十分に行き渡らせることができるのです。
しかし、血管は年齢とともに老化します。年をかさねるにつれて、血管の壁が厚くなり、厚みが増すことで弾力性がなくなるため、しなやかさが損なわれてしまいます。
また、高コレステロールや糖分の多い食事、過度な飲酒や喫煙、運動不足などの生活習慣も血管を老化させる原因となります。

血管が老化し、硬くもろくなっていくことを一般的に「動脈硬化」といいます。そして動脈硬化が起こると、血管の内腔はせまくなったり、それ自体がもろくなり、血液がスムーズに流れにくくなります。
血液と血管は、表裏の関係です。血管の中を流れる血液がドロドロだと、全身のすみずみまで行き渡ることができないうえに、血管そのものの老化を促進させます。
このように、ボロボロになり弾力性やしなやかさを失うと、血管がせまくなる粥状硬化や、血管壁の破裂、そしてゆくゆくは血管の詰まりの原因になり、脳卒中や心筋梗塞など大きな病気を招く要因になります。これらの病気の症状によっては、寝たきり生活になってしまったり、さらに症状が悪化すると生命そのものに大きな影響を及ぼす状態にもなりかねません。

では、血管の老化を防ぐためにはどのようなことに気を付ければよいのでしょう。
1.食生活の改善
毎日きちんとした食事をとりましょう。血管にやさしい大豆製品、青魚、野菜、ネギ類、海藻、キノコなどは、できるだけ毎日とりいれるといいでしょう。食事の際はしっかり噛むことを心がけましょう。
また、食事の量は腹八分目までに抑え、飲酒の適正量を守りましょう。
2.軽めの運動をする
普段の生活の中に歩くことを積極的に取り入れましょう。
慣れてきたらウォーキングなどの有酸素運動を週に3〜4回を目標に、毎回30分位汗ばむ程度に行いましょう。
体調に合わせて、無理のないよう続けることが大切です。
3.禁煙する
喫煙すると血管が収縮したり、血圧を上昇させたりと動脈硬化や高血圧の原因になってしまいます。タバコを1本吸うと、血管が硬くなる状態が30分続くといわれています。
喫煙者の方はぜひ禁煙にチャレンジしてみましょう。
その他に、睡眠時間の確保やストレス溜めないことも大切です。

血管年齢は当院で検査することができます。
ご希望の方は、診察の際、医師にご相談ください。


(平成26年8月19日)

  注意したい高齢者の肺炎
肺炎による死亡者の96.5%を65歳以上の高齢者が占めています。
その理由として、高齢者になるほど体力も免疫力も少しずつ低下するため、細菌やウイルスによる感染症にかかりやすいこと、さまざまな持病のある方が多いため、感染症にかかると重症化しやすいことが指摘されています。
それに加えて肺炎の場合には、高齢者独特の特徴がいくつかみられ、その1つは、高齢者には、肺炎の典型的な症状が出にくいという点です。
高熱、悪寒、咳と痰などがあまりみられず、ただなんとなくだるいといった程度の症状にすぎないことも少なくありません。そのため、発見されたときには、重症化しているケースが多いのです。

高齢者にみられるもう1つの特徴は、誤嚥(ごえん)によるものです。
高齢者になると、飲み込む能力が低下するため、食べ物や飲み物が食道ではなく気管に入ってしまい、むせることが多くなります。そのとき、飲食物や唾液などに含まれている細菌が気管から肺に入り込むと、肺炎を発症しやすくなります。(誤嚥性肺炎)
誤嚥を防ぐためには、次のことを心がけましょう。
(1) ゆっくり食事すること
(2) 少量ずつ口に入れること
(3) 良い姿勢で食事すること
(4) 食べながら喋らないこと

また、高齢者の方は、インフルエンザから肺炎を引き起こすことも多いので、インフルエンザの予防接種をきちんとうけておくことも大切です。肺炎の原因菌でもっとも多くみられる肺炎球菌にも、予防のための肺炎球菌ワクチンがあるので、持病などによって肺炎のリスクが高い方は、効果などについて医師にご相談ください。

肺炎予防を予防するには...
肺炎は手遅れになると怖い病気ですが、その一方で、日常生活のちょっとした注意で予防することもできます。次のことをふだんから心がけるようにしましょう。
(1)からだの抵抗力を高める
○適度な運動をする
たとえば20分〜1時間程度のウォーキングをすると免疫細胞が活性化されるといわれています。ただ、激しい運動は、逆に免疫力を低下させてしまいます。
○食生活を見直す
免疫活性を高める食品として知られる、ビタミンCを多く含む果実や野菜のほか、キノコ、ヨーグルトなどを食事にとり入れましょう。
○腸内環境を整える
免疫細胞の60〜70%は腸内にあります。便秘をすると、免疫細胞の働きが低下するので、便秘をしないよう心がけましょう。
○よく笑う
笑うと免疫力が高まるといわれています。軽い笑いでも効果があるとされています。
(2)細菌やウイルスの侵入を防ぐ
○外出時にはマスクを着用する
風邪やインフルエンザの流行時にはマスクは必携です。鼻の上からアゴまで覆い、隙間なく着用しましょう。
○手洗いうがいをする
手洗いは、帰宅時には必ず行いましょう。肺炎の予防には石鹸で洗うよりもアルコール消毒薬が効果的です。うがいは、帰宅時だけではなく食事の後や歯磨き時にも行い、ノドの雑菌などを排除しましょう。
○口の中を清潔にする
口の中をいつも清潔に保ちましょう。高齢者は、睡眠中の咳で唾液を飲み込むとき細菌が入りやすいので、就寝前の口腔ケアはしっかりと。
○禁煙する
タバコを吸っていると、ノドが荒れるだけではなく、線毛による排出機能が鈍くなり、細菌やウイルスが侵入しやすくなってしまいます。とくに一度禁煙した人が、また吸いだすと急性の肺炎を起こしやすいとされているので注意しましょう。

このほか、持病の治療や健康管理をしっかり行うこと。また、睡眠不足やかたよった食事にならないように注意し、肺炎を予防しましょう。

(平成26年10月30日)

  最近遭遇した救急の2症例 〜絶体絶命のピンチをどうやって乗り越えたか〜
最近、救急の2症例に間接的に遭遇しました。一般市民に救急の重要性を提唱するため、ホームページを通して、この2症例を紹介させていただきたいと思います。

<症例1>ブルガター症候群による突然心停止の1例
私が産業医として携わっているつくば市内の事業所の出来事ですが、11月5日の朝、30代前半の男性が、普段通りデスクワークをしていた所、突然意識不明となりましたが、その時は約30秒後に自然に回復しました。しかし、30分後、今度は全身けいれんと共に、まもなく心停止・呼吸停止となってしまいました。
現場は騒然となり、救急車を呼ぶ人もいれば、現場に駆けつけた看護師2名が懸命に心臓マッサージや人工呼吸を行いました。また、AED除細動器が用意され、看護師2名が普段の練習の通り、AEDによる除細動を行いました。幸い、すぐに奏功し、奇跡的に一命を取り留めました。その後救急車でメディカルセンター病院に搬送され、精査により、ブルガター症候群による突然心停止であったことが判明しました。

<症例2>蜂刺傷によるアナフィラキシーの1例
私の友人におこった出来事ですが、先日、農林関係の作業をしていた所、蜂に1ヶ所刺されてしまいました。その後数分もたたないうちに、気分不快、呼吸苦を訴え、意識がもうろうとなってしまいました。たまたま作業していた所が病院から近かったため、同僚がその場で決断をし、すぐに乗用車で救急外来に搬送しました。救急外来到着時、すでにショック状態に陥っていましたが、救急担当医の懸命な治療により、友人は九死に一生を得ました。
先日、友人が蜂刺傷事故のための自己注射薬エピペンの処方を希望し、当院に来院した際に判明したことですが、今回の蜂刺傷は2回目で、1回目はなんと46年前の16歳の時だったそうです。

<考案>
この2名の患者さんが助かった最大の理由は、やはり現場にいた方々の適切な判断および、迅速な蘇生技術によるものだと思います。日本の救急車が現場に到着する時間は、平均して、連絡を受けてから8〜10分程度だそうです。心停止が発生した場合、蘇生せずにそのまま放置してしまうと、1分間につき救命率が10%低下すると言われています。即ち、10分間そのまま放置してしまいますと、ほとんど救命することはできないと考えられます。症例1の同事業所における、普段の健康安全訓練やAEDの点検に多くの力を注いでいる点を大いに称賛致します。
一方症例2では、たまたま現場が病院に近かったため、同僚の判断で直接病院に搬送したことが正しかったかもしれません。日本国内では、毎年60名前後の方がアナフィラキシーにより亡くなっており、その原因としては医薬品と蜂刺傷が多いと言われています。本症例の様に、46年ぶりに蜂に刺されても重症化してしまったことを考えますと、蜂刺傷高危険群の方には自己注射可能なエピペンの携帯をおすすめ致します。

最後になりますがAEDがかなり普及している現在、果たして、皆さんがいざという時に落ち着いてAEDを操作することができるのでしょうか。講習会さえ受ければ、大半の方が操作できるようになると私は信じております。皆さん、機会がありましたら、ぜひAEDや蘇生の講習会にご参加ください。

(平成26年11月20日)

1234567891011121314151617181920

Copyright(C) 2020 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。