宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  中高年も要注意!鉄欠乏性貧血
一般に貧血は、若い女性によくみられる症状です。そのため、中高年の特に男性の場合には「自分は貧血とは無縁」と思い込んでいる人が多いのではないでしょうか。
例えば、なんとなくだるい、疲れやすいといった症状があると「年のせい」と考えがちですが、実は貧血の影響という可能性があります。中高年の場合には、若い女性とは違った原因で貧血を起こすことがあり、その背景には重大な病気が隠れていることもあるので注意が必要です。

<鉄欠乏性貧血とは>
貧血の80〜90%を占めるのが、鉄欠乏性貧血です。
鉄欠乏性貧血とは、その名の通り、血液中の鉄分が不足して起こる貧血のことです。
血液の成分のうち、赤血球にあるヘモグロビンは酸素をからだの隅々まで運ぶ働きをしています。このヘモグロビンができるときに鉄を必要とします。
なんらかの原因で体内の鉄分が不足すると、ヘモグロビンの合成がうまくいかなくなり、赤血球のヘモグロビンが減り、また、赤血球そのものが小さくなってしまいます。その結果、体内への酸素供給量が減り、だるい、疲れやすいといった症状が起こるようになるのです。人によっては動悸や息切れ、頭が重く感じる、胸が痛むなどの症状が出る場合もあります。
こうした症状は一気に出るのではなく、少しずつ進みます。それは鉄分の不足による貧血が非常にゆっくりと進行するからです。そのため、「年のせい」と思いやすいのです。

<気付きにくい潰瘍による出血>
鉄欠乏性貧血には、次のような原因があります。
(1) 鉄分摂取量の不足
偏食や不規則な食事、外食過多、無理なダイエットなどが原因で、鉄分が不足するケース。
(2) 鉄分の必要量の増加
妊娠中や授乳期に鉄分の必要量が増え、それにみあう供給がないケース。
(3) 出血による鉄分の不足
痔、子宮筋腫、子宮内膜症、消化性潰瘍、がんなどによって出血がおこっているケース。

このうち、中高年が注意したいのが、(3)のケースです。
痔の場合には、便に血液が付着して、血便と間違えることがあります。子宮筋腫などの場合には、不正出血があって気付くこともあります。
ところが、消化器官(食道、胃、十二指腸、大腸など)での出血は、少量ずつだとなかなか気付きません。胃や十二指腸などにできた消化性潰瘍は、軽いうちなら自然に治ってしまうこともありますが、悪化すると出血をおこします。出血を何度もくり返すうちに、血液中のヘモグロビンが減少し、慢性的な貧血状態となり、だるさや疲れやすさなどの症状がみられるようになります。
消化性潰瘍の場合、出血量が多いと便が黒くなったり、強いストレスなどで出血量が増えると、タール状のねばねばした便になることもあります。さらに、大量の出血があった場合には、生命にかかわることもあるので、便に異常がみられたり、立ちくらみが続く段階で早めに検査をうけるようにしましょう。
また、鉄欠乏性貧血が消化器のがん(胃がんや大腸がんなど)と関係していることもあります。「年のせい」と決めつけず、貧血症状がおさまらないときは、便の潜血反応検査や内視鏡などによる検査をきちんと受けておくほうが安心です。

(平成27年4月17日)

  高尿酸血症と言われたら
高尿酸血症とは、血液中に尿酸が多くなった状態をいいます。
尿酸のもとは、プリン体という物質です。プリン体から作られた尿酸は、その大部分が腎臓から尿に溶けて体外に排出されますが、尿酸の産出と排泄のバランスが崩れると、体内の尿酸が増えすぎて高尿酸血症になります。
尿酸塩(尿酸の結晶)が関節などにたまると、激しい痛みを伴う炎症発作、いわゆる「痛風」発作を起こすことがあります。

<放っておくと…>
尿酸値が高い人は痛風だけでなく、
・脳血管障害
・腎障害
・心疾患
・尿路結石
・痛風結石
など、さまざまな病気を合併するとみられています。

<治療のポイント>
高尿酸血症の治療は、食事や運動などライフスタイルの改善が基本となります。
(1)バランスの良い食事を心がけましょう
・主食…ごはん、パン、麺類は毎食適量を。夜遅くになってしまう場合はひかえめに。
・主菜…魚介類、肉類、卵、大豆製品をメインにしたおかずは1品に。
・副菜…野菜、海藻、きのこ、芋、豆類がメインのおかずは毎食2品以上そろえましょう。
・汁物…塩分のとりすぎを防ぐためにも、1日1杯を原則に。
・油脂類…揚げ物や、炒めもの、マヨネーズを使ったサラダ、パンに塗るバターなどはすべて油を使った料理です。毎食1品までにしましょう。
・間食…お菓子類よりも、果実や乳製品など、日頃とっていないものを。
(2)水分を十分にとりましょう
水分をしっかり取って尿量を増やし、尿と一緒に尿酸を排泄しましょう。
1日の尿量が2リットル以上になるようにしましょう。アルコールやジュース類は逆効果です。水やお茶を飲むようにしましょう。
(3)アルコール類は控えましょう
アルコールは尿酸の排泄を抑制してしまいます。
1日のアルコールの適量は、ビールなら1本(500ml)、日本酒なら1合です。週に1〜2回は飲まない日をつくりましょう。
(4)有酸素運動をし、体重を落としましょう
肥満を解消することで、血清尿酸値を下げることが期待できます。
ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動は、尿酸値を上昇させずに、肥満の解消だけでなく、高尿酸血症に合併しやすい高血圧、高脂血症、糖尿病などのメタボリックシンドロームの要素を改善させる効果があります。
ただし、激しい運動は逆に尿酸値を上昇させるので避けましょう。
(5)ストレスをうまく解消させましょう
高尿酸血症は、働き盛りの男性に多い病気です。精神的ストレスが尿酸値を上昇させると言われていますが、そのストレス発散法を飲酒や過食に頼ると、逆に尿酸値の上昇を招いてしまいます。自分なりの発散方法を見つけ、ストレスをため込まないようにすることが大切です。

(平成27年5月19日)

  デング熱について
昨年、約70年ぶりにデング熱の国内感染が確認されました。今年も流行の可能性は十分にあります。デング熱について、改めて知っておきましょう。

(1)デング熱とは
デング熱は、デングウイルスを保有する蚊に刺されることにより生じる感染症で、比較的軽症のデング熱と重症型のデング出血熱の2種類があります。人から人へ直接感染することはありません。

(2)国内における媒介蚊
◇媒介蚊……ヒトスジシマカ(主たる媒介蚊はネッタイシマカですが日本に常在せず)
◇生息範囲…秋田県、岩手県以南
◇活動時間…日中
◇活動場所…木陰やヤブの中が多い

(3)デング熱の流行地
熱帯や亜熱帯の全地域で流行しており、東南アジア、南アジア、中南米での報告が多く、その他にもアフリカ、オーストラリア、南太平洋の島でも発生があります。

(4)症状
◇デング熱
感染後3〜7日程度の潜伏期間を経て、突然の発熱により発症します。
頭痛、筋肉痛、目の奥の痛みなどが主な症状として現れ、さらに腹痛、吐き気、嘔吐、全身倦怠感が現れることもあります。また、発熱してから3〜5日目には体に発疹が出ることもあります。
これらの症状は約1週間で消え、通常は後遺症を残すことなく回復します。
◇デング出血熱
デングウイルスに感染した人のうち、最初はデング熱とほぼ同様に発症し経過しますが、熱が平熱に戻るころに、血液中の液体成分(血漿)が血管からもれ出したり、出血の症状が現れたりすることがあります。この病気はデング出血熱と呼ばれ、適切な治療を行わないと死亡することがあります。
血漿のもれは胸水、あるいは腹水として現れます。出血は、比較的軽い点状出血、注射部位からの出血、鼻出血、血便、重篤な吐血、下血と多様です。血漿のもれが進行すると、ショック症状を起こし、デングショック症候群とも呼ばれます。

(5)治療
デング熱に対する治療薬はなく、対症療法が中心です。
デング熱・デング出血熱の発熱に対しては出血傾向を増悪させる可能性があるため、アスピリンを使用してはいけないことになっており、アセトアミノフェンなどが用いられます。
デング出血熱に対しては、輸液療法が中心となります。

(6)予防
デング熱の発症や感染拡大を防ぐためには、ヒトスジシマカの発生源(水たまりなど)への対処が重要となります。蚊にさされないよう、日中の屋外活動を控え、肌の露出を避け、虫よけスプレーを使用するなどの対策が必要です。
また、デング熱は自覚症状が現れない人も多いので、流行地から帰国した際には蚊にさされないように注意しましょう。旅行先のデング熱の情報は事前に確認しておきましょう。

(平成27年7月23日)

  AEDとは何でしょう?
AEDとは自動体外式除細動器のことをいいます。救急の現場で一般の人でも、簡単に安心して除細動(電気ショック)が行うことができるよう設計されています。
小型の器械で、体外(裸の胸の上)に貼った電極のついたパッドから自動的に心臓の状態を判断します。もし心室細動という不整脈(心臓が細かくブルブルふるえていて、血液を全身に送ることができない状態)を起こしていれば、強い電流を一瞬流して心臓にショックを与えること、いわゆる電気ショック行い、心臓の状態を正常に戻す機能を持っています。
器械の電源を入れれば音声が使い方を順に指示してくれるので、誰でもこの器械を使って救命することができます。
AEDは、駅や市役所、ショッピングモールなどの公共施設や学校などに設置されています。

心室細動を起こすと、1分経過するごとに約10%、助かる確率が減っていくといわれています。救急車が現場に到着するまでの時間はおよそ8分かかるとされており、救急車を待っていたのでは助かる確率がかなり低くなります。119番に連絡するまでに数分かかったとすれば、さらに助かる可能性は低くなるのです。
しかし、AEDの登場で、人が倒れた場所の近くにこのAEDがあって、そこにいる人たちがすぐに操作をすれば、助かる可能性が高くなりました。

AEDは初めての人でも簡単に使えるように設計されています。
○手順1
電源を入れると音声の指示が始まります。種類によってはフタを開けると電源が入るものもあります。
○手順2
右胸の上部(鎖骨の下)と左胸の下部に電極パッドをはります。
※胸が汗などでぬれている場合は拭き取っておきます。シップ薬などもはがしておきます。
※ペースメーカーなど皮膚の下に何か埋め込まれている場合はそこを避けてはります。(皮膚の下に硬いこぶのようなものがあります。)
※就学前の子どもには、子ども用パッドか小児モードに切り替えます。ない場合は大人と同じパッドを使います。
○手順3
AEDが自動的に心電図を解析し、音声などで指示を出します。電気ショックが必要な場合は「電気ショックが必要です」と音声が流れ、充電が始まります。
充電が終わり、「ショックボタンを押してください」の音声や充電終了の連続音が流れ、ショックボタンが点滅します。
「離れて」とまわりの人に注意し、誰も触れていないことを確認し、ショックボタンを押します。
※AEDはまた心電図を解析して、2分ごとに電気ショックが必要か否か指示をしてくるので、それに従います。
※電気ショックが必要ない場合にはボタンを押しても電気が流れませんので、操作を間違って電気が流れるようなことはありません。
※AEDと併せて心臓マッサージ(胸骨圧迫)を行うことも重要です。

AEDは初めての人でも使うことができますが、人が倒れたときなどは、なかなか冷静に動けないものです。AEDの使い方だけでなく119番への通報や心臓マッサージ(胸骨圧迫)なども含め、消防署や講習会などで一度、救命救急の方法を経験してみませんか。

(平成27年8月25日)

  カンピロバクターによる食中毒について
「カンピロバクター」はサルモネラ菌やO157、ノロウイルスなどに比べて、あまり聞き慣れない食中毒の菌かもしれません。しかし、最近、増加傾向にある菌で、年間2000人から3000人もの患者が出ています。これは、ノロウイルスに次いで2番目に多い数字なので、決して侮れません。

1.カンピロバクターとは?
ニワトリ、ウシ、ブタ、ヒツジ、イヌ、ネコなどの動物の消化管内に高率に住み着いている食中毒をおこす細菌です。
菌は乾燥に弱く、室温では長く生きることはできませんが、温度が低く湿潤していて、酸素にさらされないほど生存日数が長くなります。そのため、冷蔵庫内はカンピロバクターの生存に好ましい環境と考えられます。

2.感染経路
食中毒集団発生で原因食品が判明した事例では、肉類が最も多く、大半は鶏肉およびその内臓肉です。
牛レバーの生食による例も見られます。
その他に、ペットからや、乳幼児収容施設での流行、井戸水や湧水、簡易水道水などの消毒不十分な飲用水による感染事例もあります。

3.主な症状
潜伏期間は1〜7日(平均2〜3日)で、他の食中毒と比較して長いのが特徴です。
カンピロバクターに感染すると、比較的少ない菌数でも腸炎を発症します。
主な症状は下痢(水様便、まれに血便や粘液便)、腹痛、発熱です。この他、頭痛、悪寒、倦怠感、筋肉痛などが現れることもあり、初期症状は風邪と間違われることもあります。
2〜5日程度で回復しますが、まれに感染後にギラン・バレー症候群(急速に手足の筋力が低下し、腱反射の消失を主徴とする病気)などを起こすことがあります。

3.治療方法
軽い症状の場合では、抗菌薬治療をしなくても自然に軽快することも多くあります。
急性腹症、他の原因による食事療法などと見分けながら、食事療法、脱水の予防・治療などを行います。
整腸剤は投与しますが、腸の蠕動を抑えるような薬剤は使用しないのが原則です。

4.予防法のために
カンピロバクターは、低温に強く、低温環境下でより長時間生存することができます。
カンピロバクターの最大の弱点は「熱」です。
肉の色が変わるまできちんと加熱することで菌は死滅します。目安は、65度以上の熱で数分間(中心の温度が75度以上で1分間)しっかり火を通すことが大切です。特に菌が多いとされる鶏肉は注意が必要です。ささ身の湯通し程度では死滅しないと考えてください。
また、カンピロバクターはわずかな数であっても感染する恐れがあるので、二次感染にも注意しましょう。生肉と他の食品を扱う調理器具と区別すること、生肉を扱った後は手指を十分に洗浄することも重要です。
他にも、未殺菌の飲料水(野生動物の糞などで汚染される可能性のある井戸水など)を飲まないこと、小児ではイヌやネコなどの保菌動物への接触で感染することもあるので、便などに触らないなどの注意が必要です。

(平成27年9月25日)

12345678910111213141516171819

Copyright(C) 2020 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。