宮川内科・胃腸科医院
宮川内科・胃腸科医院


Dr宮川の注目コーナー

  潰瘍性大腸炎についてご存知ですか
皆さんは潰瘍性大腸炎という疾患を耳にしたことはありますか。
以前はとてもめずらしい病気で患者さんの数もごくわすかでした。しかし、その患者数は年々増加し、平成26年には18万人を超えています。
潰瘍性大腸炎とは、何らかの原因により大腸の粘膜に炎症が起こり、びらん(ただれ)や潰瘍ができる病気です。

≪主な症状≫
○下痢(軟便や排便回数の増加)
○粘血便(血液、粘液、膿の混じった軟便)
○腹痛・発熱・体重減少・貧血(重症化した場合)
などです。
病状は、おさまったり悪化したりを繰り返すことが多く、長期にわたってこの病気とつきあっていく必要があります。

≪発症の原因≫
この病気の原因は明らかになっていません。最近の有力な説としては、外敵から身を守る免疫機能に異常が起こり、自分自身の大腸の粘膜をも敵とみなし、攻撃して傷つけようとしてしまう事により、炎症が起きるとされています。
ただ、この免疫説も決定的なものではなく、炎症が起こる仕組みとしては有力な説ですが、なぜ免疫機能の異常が起こるのか、潰瘍性大腸炎の発症のメカニズムは解明されていません。

発症年齢のピークは男性で20〜24歳、女性では25〜29歳ですが、若年者から高齢者まで発症します。男女比は1:1で性別に差はありません。

≪治療について≫
原則的には薬による治療が行われますが、重症の場合や薬が効かない場合には手術が必要になります。
薬による治療には
○下痢や粘血便などの症状の悪化を緩和するための治療
○炎症が落ち着いている状態を長く維持するための治療
に分けられます。
また、血液中から異常に活性化した白血球を取り除くという治療法もあります。

潰瘍性大腸炎は、治療により多くの患者さんは症状の改善や消失がみられますが、再発する場合も多く、症状の消失した状態を維持するために継続的な内科治療が必要になります。また、発病して7〜8年経過すると、大腸がんを合併する患者さんが出てきますので、症状がなくても定期的な内視鏡検査が必要になります。

(平成28年8月25日)

  ご存知ですか?機能性ディスペプシア
みなさんは機能性ディスペプシアという病名を聞いたことはありますか。
胃もたれやみぞおちの痛みなどのつらい症状を繰り返すのに、内視鏡検査や腹部超音波検査を行っても胃の異常は見つからない。こんなときは「機能性ディスペプシア」という病気を疑ったほうがいいかもしれません。
以前は慢性胃炎や神経性胃炎などと診断されることが多かったのですが、実際には胃に炎症などは起こっていないことから、近年このような症状を「機能性ディスペプシア」と呼ぶようになりました。

主な症状
@ つらいと感じる食後のもたれ感
A 食事開始後すぐに胃がいっぱいになるように感じ、それ以上食べられなくなってしまう
B みぞおちの痛み
C みぞおちの焼ける感じ
機能性ディスペプシアは@とAの症状がよくおこるタイプと、BとCの症状がよくおこるタイプの2つに分けられます。
ただし、両方のタイプの症状が重なって起こったり、日によって感じる症状が変わったりすることもあり、どちらのタイプであるかはっきり分けられない場合も多くあります。また、時間の経過とともに症状が変化することも珍しくありません。

機能性ディスペプシアの原因は以下のものが考えられます。
・食べ物が胃に入っても胃が十分にふくらまない
・胃酸の過剰な分泌
・ピロリ菌感染による胃粘膜の炎症
・胃の知覚過敏(刺激に対して痛みを感じやすくなっている)
・脂肪分の多い食事・アルコールの過剰摂取
・不規則な生活やストレスなどの心理的要因

機能性ディスペプシアの治療について、まずは、機能性ディスペプシアと似た症状は胃がんや胃潰瘍などでもみられることがあるため、内視鏡検査や腹部超音波検査などを行い、原因となる病気がないかを調べることが大切です。
治療では、
・食生活を見直す
・ストレスをためず、規則正しい生活をおくる
・必要に応じてピロリ菌の除菌治療を行う
・胃の症状に応じて薬の服用をする
などを行います。

(平成28年11月28日)

  大腸憩室炎について
みなさんは大腸憩室炎という病名を聞いたことはありますか。
憩室とは、大腸の壁の一部がそとへ袋状に飛び出しているものです。そこへ便などがつまったりして炎症を起こすことを大腸憩室炎といいます。
以前は日本人にはあまりみられませんでしたが、食事の欧米化による食物繊維の摂取量の減少などにより、近年増加しています。

≪症状≫
憩室は、上行結腸とよばれる腹部の右側、S状結腸と呼ばれる腹部の左下腹部にできやすいと言われています。
大腸憩室炎を発症すると、その部位に強い腹痛が起こり、下痢や発熱、血便などの症状が起こります。また、炎症がさらに進行すると、憩室に穴があいて腹膜炎を起こしたり、狭窄による腸閉塞などを生じることがまれにあります。

≪診断≫
患者さんに憩室がすでにあると分かっている場合は、ほぼ症状のみから憩室炎が診断できます。しかし、憩室炎とよく似た症状を起こすものも多くあり、特に腹部の右側に起こる憩室炎は虫垂炎とよく似ているため、腹部超音波やCT検査を行う必要があります。
憩室の有無を確認するためは大腸内視鏡検査が必要となります。

≪治療≫
憩室自体は、症状がなければ特に治療を行う必要はありません。
軽症の憩室炎は、消化の良い食事をとり、抗生物質の服用または点滴を行います。症状に応じては入院し絶食することもあります。
腹膜炎や狭窄などを起こしている場合は外科的治療が必要になります。


憩室ががんになることはありませんが、憩室がある方は、大腸ポリープや大腸がんが多いと言われています。大腸がんの患者さんは年々増加傾向にあります。これは、憩室炎と同じく食事の欧米化に伴う食物繊維の摂取量の減少が、原因のひとつとされています。
ふだんから食事のバランスに気をつける、定期的にがん検診を受けるなど、腸の健康を守っていきましょう。



(平成28年12月26日)

  有酸素運動をはじめてみませんか
有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、水泳やヨガなど、呼吸により酸素を利用して行う運動のことをいいます。激しい運動ではありませんので、酸素を取り入れながら、持続的に運動を行うことができます。

≪有酸素運動の効果≫
有酸素運動にはさまざまな効果があります。
(1) 体脂肪燃焼によるダイエット効果
有酸素運動の効果として一般的に知られていて、ダイエットといえば有酸素運動といったことを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
脂肪を分解するリパーゼという酵素は、体温の上昇により活性が高まります。そのため、運動によってからだが温まり、血液の流れが良くなることで、脂肪が活発に燃焼するようになります。安静時にも脂肪は燃焼していますが、20分以上継続した運動では、脂肪燃焼がどんどん進んでいきます。
(2) 生活習慣病予防に効果
ダイエット効果がある有酸素運動は肥満が原因となる、脂質異常症、高血圧、糖尿病などの生活習慣病を予防する効果があります。
また、善玉コレステロールの上昇や、血液の流れを促進させることで、脳の機能向上や心疾患予防、ストレス解消やうつ病予防にも効果があります。
(3) 認知症予防に効果
有酸素運動によって、酸素が持続的に体内に取り入れられ、新鮮な血液が脳に送られることにより、認知症の予防につながるといわれています。

≪有酸素運動をはじめてみよう≫
たくさんの効果がある有酸素運動、健康のためにぜひ生活の一部に取り入れていきたいですね。今回は、手軽にはじめることのできるウォーキングについてご紹介したいと思います。
☆ウォーキングするときのポイント
@目線はいつも10〜15メートル先を見るように心がけましょう。
Aひざを伸ばしましょう。(無理なく歩幅を広げることができます。)
Bかかとから着地するようにしましょう。
C着地したかかとからつま先へと重心の移動を行い、足で地面を踏み込むような感覚で歩きましょう。
D呼吸は足の動きに合わせて、吸う吸う、吐く吐くのリズムで行いましょう。
Eひじは軽く曲げて、腕はコンパクトに振りましょう。
毎日でなくてもかまいません。週に2〜3日、1回約30分の運動を継続して行うことが大切です。

(平成29年1月24日)

  インフルエンザに関するQ&A
今年もインフルエンザが流行しています。
患者さんからよく聞かれる質問をQ&Aにまとめてみました。ぜひご活用ください。

Q1.風邪とインフルエンザはどう違うのですか?
A1.症状の重さと感染力の強さが違います。
風邪はさまざまな種類の病原体が、鼻やノドに感染しておこる病気の総称です。一般的に、発熱してもインフルエンザほどの高熱が出ることはなく、そのほかの症状も比較的かるいです。
一方、インフルエンザは「インフルエンザウイルス」というウイルスが原因でおこります。一般的に高熱が出たり、全身倦怠感・筋肉痛などの症状が強いこと、また、感染力が非常に強いとされています。
学級閉鎖などの社会的影響力も大きいため、風邪とは区別すべき重要な病気と考えられています。

Q2.インフルエンザA型とB型の違いは?
A2.症状や流行時期が異なります。
A型インフルエンザは、B型よりも先に流行する事が多いです。A型の症状としては、高熱・咳・ノドの痛み・筋肉痛などの症状が現れます。重症になると肺炎などを引き起こします。
B型インフルエンザは、A型の流行がおさまってきた頃から流行し始めます。症状としてはA型よりも軽く、発熱のほか吐き気・下痢などの症状を伴うこともしばしばあります。そのため、ノロウイルスやふつうの風邪との見分けが難しいです。

Q3.インフルエンザか調べるにはどのような検査を受けるのですか?
A3.迅速診断法という診断キットを使った簡単な方法で調べることができ、のどや鼻などの拭い液を使って検査します。結果は8〜15分で出ます。
正しく検査をするためには発熱から概ね6時間程度必要といわれていますが、流行状況や接触歴など、検査結果だけではなく症状なども含めて総合的に判断し、治療法を選択します。

Q4.インフルエンザにかかってしまったらどのような治療をするのですか?
A4.抗インフルエンザ薬を使用したり、症状に対する対症療法を行います。
抗インフルエンザ薬には内服薬のタミフルや吸入薬のリレンザやイナビルがあります。発症から48時間以内に使用し始めると、症状の出る期間を短縮することができますが、48時間を過ぎてから使用した場合では十分な効果は期待できません。
また、高熱が出るため、水分を十分にとり脱水をおこさないようにすることが大切です。感染力が非常に強いため、まわりへの感染防止をすることも重要です。

Q5.熱が下がったら学校へ行ってもいいですか?
A5.学校保健安全法では出席停止期間の基準を「発症してから5日を経過し、かつ、解熱してから2日(幼児は3日)を経過するまで」と定めています。
出席停止期間を守り、周囲への感染拡大を防ぎましょう。

(平成29年2月17日)

1234567891011121314151617181920

Copyright(C) 2020 宮川内科・胃腸科医院. All rights reserved.
本サイトのすべての文章や画像などの著作は「宮川内科・胃腸科医院」に帰属します。